大目に見てきたけど厳格化するって、今後の方針が気になるな。利用者と宿泊施設のバランスを保つのは難しい課題だよね。

 あるインフルエンサーがSNSに投稿した「ホテルのキャンセル料金を払わなくする方法」とする動画が物議を醸している。宿泊施設によっては規則を厳格化する動きも見られる。

【画像】インフルエンサーの投稿

 キャンセル料金は例えば予約日の1週間前で宿泊料の20%、3日前で50%、当日や無断キャンセルの場合は100%といった具合に請求される。設定された日にちの幅や料金の割合の差はあるが、たいていの宿泊施設が適用している規則(キャンセルポリシー)だ。

 動画で勧めているのはキャンセル料金が発生した時点で、宿泊予定日を後ろ倒しに変更し、翌日にキャンセルするというもの。動画では宿泊者と宿泊施設側と演じ分けて軽妙なやりとりで紹介しているが、宿泊施設側にとって事態は深刻だ。この動画のとおりならば、宿泊する気もないのに予約を先に動かされ、キャンセル料金も取れないことになる。十和田・奥入瀬の温泉民宿「南部屋」は、X(Twitter)で「ふざけんな!!!」と怒りをあらわにしている。

 南部屋では「これまでは全てお見通しで大目に見てきました」と、同様の行為でキャンセル料金をなかったことにされた経験がある。しかし、その方法が拡がり、常態化することは容認できなかった。今回の投稿された動画をきっかけに、「『日程変更』は『キャンセル→新規予約し直し』と扱いを厳格化」し、規定通りキャンセル料を請求することにした。

 そもそもキャンセル料金は、予約に応じて手配したスタッフの人件費や食材の仕入れなどが無駄になってしまうことを保証するためのもので、利用者と宿泊施設との“契約”にあたる。宿泊施設側が「発生したはずの宿泊料金」を受け取れない損害をカバーするもので、消費者契約法に規定されている。規約などが決められている場合、宿泊施設側はキャンセル料金を請求できるし、利用者にはキャンセル料を支払う義務が発生する。

 規約次第なところもあるが、昨今は予約変更の時点でいかなる理由でもキャンセル料金が発生することが多く、変更は1回のみやその時点で返金不可とするなど、動画にあるような「キャンセル料金を払わなくする方法」が通じないことが多い。ただ、災害や感染症の流行を理由に、キャンセル料金が免除された事例もある。宿泊施設によっては利用者の個別の事情を勘案し、規約にあったとしても“好意で”キャンセル料金をなかったことにする場合もあったという。その好意につけこんだともいえる今回の拡散には、さすがに看過できないとコメントする宿泊施設関係者が多い。

 今回のインフルエンサーの投稿だけではなく、過去にもライフハックとして同様の方法が紹介されているという。前述した南部屋でも規約で1週間前からキャンセル料金が発生するが、宿泊の前日になって1カ月先に日にちを移し、翌週にはキャンセルの連絡をしてくるといった事例があったとねとらぼ編集部の取材に答えた。

 南部屋の経営者は、以前海外旅行会社に勤めていたころも同様の方法を利用した疑いのあるキャンセルは存在したが、数年に1件程度だったという。当時は珍しかったこともあり、業界的にも表立って問題にはしてこなかったそうだ。

 こうしたキャンセル方法が目につくようになったのは、個人的な感覚と断りつつコロナ禍中からと南部屋の経営者は振り返る。GOTO割や県民割などの補助が出始めると、少ない枠を競って開始前に通常料金で該当期間に予約を取り、競争が落ち着いた頃に宿に連絡を入れて通常料金から県民割料金に適用してほしいと希望する予約客が増えてきた。また、該当期間外の予約を宿に融通を効かせてもらって該当期間に日付けを変更して県民割料金を適用してほしいというモラル的に良くない方法も横行し、それと並行してこのキャンセル料逃れの方法も増えていったという。

 「お客様のキャンセル理由は様々で中には『家族が皆コロナに感染した』とか『来る途中で自動車事故に巻き込まれた』とか気の毒な理由もあり、さすがにそんなお客さんからキャンセル料をいただくには気が引けます」と南部屋経営者。裁量も大きかったこともあり、場合によってはキャンセル料を適用しなかったこともあった。しかし、日程変更のキャンセル料逃れの手法も、中にはかなり先の日程に変更してこちらが忘れた頃にキャンセルしてきたり、怪しいと疑っていてもそのために手間と時間を取られるのが面倒だったりと追及してこなかったが、今回のインフルエンサーの投稿もあり、「今後はそう言うケースを無くす為に、日程変更に関しては一旦今の予約をキャンセルとし、その後新しい日程で予約し直すと言う流れに統一して、キャンセル料を確実に請求する様にします」と投稿の理由に理解を求めた。

キャンセル料金を払わなくする方法に怒り


(出典 news.nicovideo.jp)

ベイル

ベイル

カスが善意を踏みにじった結果ルールが厳しくなるいつもの奴

ゲスト

ゲスト

馬鹿のせいで規制が増える 

ノットアンダー

ノットアンダー

なんぼ厳しくなっても悪用しない善良な人間にはなんの不都合もないが‥‥?あっ(察し)

Crescens

Crescens

あーあ。動画作ってる本人は「お得なライフハックをみんなに教えてあげるね!」ってつもりなんだろうけど、結局1コメが言う通りのいつもの流れで台無しにさせちゃってライフハックもお得もクソもない事態を招いてるんだけど、その自覚あるんかね。

べるふぇごおる

べるふぇごおる

そういうクズ行為やらかす奴は業界ブラックリストに記録して日本中の宿泊施設から一生涯出禁にしてやっていいと思う。

ねこ

ねこ

こういう連中って、やっぱり社会的な混乱を狙って無茶苦茶やってるのかな?反ワク頭アルミホイルの連中よりも、共産スパイの工作説の陰謀論の方がよっぽど現実味があるんだが…てか、海外のポリコレ関係も調べりゃ中華スポンサーとか、そんなのばかりだし

acony

acony

こんな小悪党みたいな内容を顔出しで動画にしているのか。すごいのがいるもんだ。

こな

こな

これをライフハックと言い張る面の皮と常識の欠如よ

京(キョウ)

京(キョウ)

常識のある普通の人間ならわかっててもしない方法だよね

onip

onip

ホテル転売とかもあるよね

aruki

aruki

違法行為はライフハックではない

みらい

みらい

なんで言わずにいられないんだろうね。

アンビー

アンビー

ライフハックと言い張ればセルフレジに大量の硬貨ブチ込んで両替したり(結果そんな状態想定してないセルフレジが壊れて器物破損)、農作業してる人にいきなり声かけて無理矢理話をして相手が面倒くさくなって野菜やるから帰れするのを粘り待ちする物乞い行為を田舎暮らしのライフハックと言ったり、もうライフハック=迷惑行為をして自分だけ得する方法って認識になりそう

むん

むん

キャンセル料はちゃんと取った方がいいよ。ハウスキープするのだってただじゃないんだし労力を割いた分を徴収することは、経済的にはあって然るべき行為なのだから。

タスラム

タスラム

威力業務妨害罪を知らないんだろうか・・・まぁ、知ってても関係ないって感じなんでしょうが。

ゲスト

ゲスト

宿側にもそうだけど、他の行きたかった客にも迷惑行為やんけ。このキャンセル無料っテクニックのせいで当初の予約日と、無料用に取った後日の予約日が部屋が埋まってるって言われるんやろ。何がテクニックだよ。

hikari

hikari

・他者に迷惑や損害をもたらす ・物の損壊や事故をまねく …そういう行為をライフハックなどとうそぶくのは、強い違和感をおぼえます。

ゲスト

ゲスト

他人のライフ(生命)をハック(叩き切る)するという意味では正しいのかもしれない え、じゃあこの行為は正しいのかって?正しいわけねぇだろ施設側はもっと怒って良い 可能なら訴訟…はしても大したダメージにも罰にもならんのだろうなあ…

CAP

CAP

本来的な意味でのライフ「ハック」だな。不正行為やってドヤ顔してんじゃねーよ。

すいとう

すいとう

こうして常識や善意で成り立ってた事項が厳密化されていくんだなぁ。幸いなのは普通の客にはほぼ影響がない上に、宿泊施設側が対処するのに然程のコストがかかるわけでもないって事だな。



海外「もしも日本がなかったら…」 ハウステンボスの光景がオランダの人々に衝撃を与える事に

【政治】坂本農水大臣「円高に振れないので少し落胆している」日銀マイナス金利解除決定後も円安進行で

【中共商務部】 CPTPP参加へ、関連手続きを積極推進

無料の洗剤1個取ったら「窃盗」で懲戒解雇 処分は妥当?重すぎる?

国内で複数の人から採取された血液に「ナノプラスチック」と呼ばれる直径千分の1ミリ以下の極めて小さなプラスチック粒子 [おっさん友の会★]

「経済的ゆとりない」6割で最高物価高、7割が懸念―内閣府調査 | アメリカの大企業トップ500社の会長500人の年収をあわせたものより

【論点すり替え】改憲議論?裏金問題は置き去り

【乃木坂46】みんなド派手!『MUSIC STATION』放送直前集合ショット公開

【増税】再エネ賦課金値上げへ 電気代が年1万円増 4月から、標準家庭で 経産省

【社会】小池百合子が都知事辞任⇒東京15区補選に電撃出馬「当選後、自民党に復党して日本初の女性総理へ」サプライズ計画

京大教授藤井聡氏、日銀のマイナス金利解除に厳しい見解「国民貧困化が加速する」

三大攻略難易度高いダンジョン「インドカレー屋」「1000円カット」

【持続可能なタンパク質】肉の代わりにヘビを食べる日が来るか…「成長速度が速く、飼料効率も高い」

水原一平「肩代わりしてくれた」→「大谷は何も知らなかった」、アメリカメディアは「辻褄が合わない」と批判

「卒業文集」、廃止へ…文章書けない子供や外国人児童の増加、クレーム等が原因