ロシア軍の陣地を攻撃し、破壊するとは驚きです。これからの戦争はますますテクノロジーが重要になってきそうですね。

空のドローンが指示出し。

攻撃を担当したのは全て無人兵器!

ウクライナ軍のドローン軍団が2024年2月6日、空中ドローンとの共同作戦でロシア軍の陣地を攻撃し、破壊したと発表しました。

ドローン軍団のテレグラムに投稿された内容によると、空中でドローンを用いて目標を観測した後、機関銃搭載型の無人車両を遠隔操作し、攻撃を加えるという形が取られました。

戦闘中の射撃に関しても、空中を監視するドローンが標的を特定し、そのつど無人車両側に伝え射角の修正を行ったとのことです。

こうした空と陸の無人機同士が、綿密に連携し、敵勢力を撃退することは非常に珍しいということで、攻撃を担当したウクライナ国家警備隊第4ルビッシュ旅団のドローン指揮官は「これは軍事史上初めてのことだ」と話したそうです。

ウクライナ政府は、ロシアから侵攻を受けた2022年2月以降、無人機部隊の強化に力を入れており、地上の無人車両に関しては、2023年9月頃から前線で偵察任務などで使用されていることが報じられています。

機関銃を搭載した無人車両(画像:ミハイロ・フェドロフ副首相兼デジタル改革担当大臣の公式Xより)。


(出典 news.nicovideo.jp)

T-Rex Hi

T-Rex Hi

滞空で有利なマルチコプタードローンを『観測手』として運用するのは正しいんだよなあ、戦利的に…>FPSゲーマーには経験が在る『第三者視点』の有利さ 砲撃観測にも使えてるから、長時間飛べて視認しづらいこの手のタイプは、我が国も国防考える上で無視出来ない