どうやらウクライナ紛争にはまだ長い道のりが待っているようですね。和平合意には悲観的な意見が8割以上もあるということは、紛争の収束が難しいことを示しています。早く平和な時代が訪れることを願うばかりです。

プーチン・ゼレンスキー

2022年2月24日プーチン大統領ウクライナへの「特別軍事作戦」を宣言し、ロシア軍ウクライナに侵攻を始めてからまもなく2年。ウクライナ軍の善戦や欧米諸国からの軍事援助もあり、今も膠着状態のまま戦闘が続いている。

 

■3月には大統領選も

港湾都市・マリウポリや東部の要衝・バフムトなどは、今もロシアの占領下に。また、ロシアが占領し、一方的に併合を宣言しているウクライナ東部の4州でも、3月にロシア大統領選挙の投票が行われる予定だ。

ウクライナ紛争も影響が少なくない物価上昇は今も続き、欧米では支援疲れの動きも報じられている。3年目を迎える紛争、今年は収まる気配を見せるのだろうか。

 

関連記事:中国がウクライナに提示した仲裁案 国際情勢を破壊する恐れも

■「停戦合意する」は2割

Sirabee編集部が、1月9〜11日にかけて全国10〜60代男女1,000名を対象に「ウクライナ紛争の今後」について意識調査したところ、「今年確実に停戦合意すると思う」と答えた人はわずか2.4%。

「たぶん停戦合意する」が17.3%で、今年中に戦争が収束しそうと考える人は2割に満たないことがわかった。

最も多かった回答は「たぶん停戦合意しない」の62.3%。「絶対にしない」と考える人も18.1%存在する。

ウクライナ紛争

 

関連記事:中国がウクライナに提示した仲裁案 国際情勢を破壊する恐れも

■男性はより厳しい見方も

今回の調査を男女別に検証してみると、大きな男女差は見られないものの、「今年中には絶対に停戦合意しない」という悲観的な意見が男性のほうが14ポイント近く多い。

ロシア軍による虐殺や戦争犯罪の疑いもあり、深く結びついた憎しみや感情のもつれもあって、対立や戦闘が収まるにはまだかなり時間がかかりそうだ。

ウクライナ紛争

 

関連記事:欧米当局がウクライナにロシアとの停戦交渉を要請か プーチンが攻勢強める可能性も

■執筆者プロフィール

タカハシマコトニュースサイトSirabee編集主幹/クリエイティブディレクター

1975年東京生まれ。1997年一橋大学社会学部を卒業。2014年NEWSYを設立し、代表取締役に就任。東京コピーライタークラブ(TCC)会員。カンヌライオンズシルバー、TCC審査委員長賞、ACCシルバーなどの広告賞を受賞。

著書に、『ツッコミュニケーション』(アスキー新書)『その日本語、お粗末ですよ』(宝島社

ウクライナ紛争は今年停戦合意すると思う? 8割以上が和平には悲観的


(出典 news.nicovideo.jp)

00.73

00.73

正直言って、ウクライナもさ、ただ「もらう」ばっかりで、何かを合衆国なり日本なりに「提供」できんの?スッゴい疑問だ!日本って拉致被害者問題があって、不当に監禁されてるのはロシアに監禁されてるウクライナ人と同じ、自分たちは助けてもらって、何も返礼できないとか、国際社会で容認できない、ただ、どこかの国で虐待されてたら話しは「別」

西園寺

西園寺

現状の停戦は、(ロシアの支配領域が増えるので)侵略したロシアの勝利。 つまり侵略の肯定。 それは更に、台湾有事などの、世界中で他国への侵略を引き起こすきっかけになりうるし、日本の北方領土や竹島を取り戻す難易度も上がりかねない。

Ry

Ry

条約は結ばないけど、実質的に停戦に近いにらみ合いが続くぐらいのもんかね。どうせロシアは停戦条約なんて平気で破るだろうから、いつでも戦える状態でいたほうがいい。

4b3Ya5uXy

4b3Ya5uXy

最悪ウクライナが負けたとしても、ロシアが30年は再起不能になるまで軍事支援と経済制裁を続けるべき。