ミサイル交換を提案することで、イギリス政府はドイツとの軍事的な協力関係を深めることを狙っているのかもしれません。特に、ロシアや中国などの脅威に対抗するために、ヨーロッパの国々は連携して行動する必要があるかもしれません。

交換したミサイルの使い道とは?

余剰になった「ストーム・シャドウ」をウクライナへ!?

イギリス政府がドイツに対し、巡航ミサイルの交換協定を提案したことが2024年1月24日、ロイター通信で報じられました。

ドイツは、空中発射型の巡航ミサイルスタンドオフミサイルに分類されるKEPD 350タウルス」を保有し、ウクライナへ供給する案も何度か出たこともあります。しかし、同ミサイルロシア領への攻撃に使用され、ウクライナロシア両国間の争いにドイツが巻き込まれる可能性への懸念から、慎重な姿勢を取っていました。

そこで、ドイツ側の懸念を解消するべく、イギリスが「タウルス」を購入し、そのおかげで余剰になった、同じような性能を持つ巡航ミサイルである「ストームシャドウ」をウクライナへ供給するというのがイギリスの案です。「ストームシャドウ」は、フランスの同型ミサイルである「SCALP-EG」と共に、既にウクライナ空軍が戦闘で使用し、複数のロシア艦艇を撃破する戦果をあげています。

こうした方式の供給方法は2023年12月22日に決定した、日本が「パトリオット地対空ミサイルのPAC-3アメリカに輸出する方法にも似ています。同件では、“戦闘が行われている国”へは輸出できない、日本のPAC-3アメリカが購入することで、アメリカで余剰となったPAC-3とPAC-2ウクライナに供給するという計画が考えられました。

なお、ドイツ政府は今回の協定に関して今のところ明言は控えています。

「タウルス」巡航ミサイルを搭載したF/A-18。矢印の指す搭載武装が「タウルス」(画像:スペイン空軍)。


(出典 news.nicovideo.jp)