NHKロゴを使ったフェイク投稿は完全に不適切です。被災地の方々には十分な情報が届かないと、混乱を招くだけです。このような行為は絶対にやめましょう。

 1月1日に発生した石川県能登半島を震源とする地震(令和6年能登半島地震)を巡り、NHKをかたる偽の情報がX(旧Twitter)で出回っているとして、NHKは4日、ニュースサイト「NHK NEWS WEB」で注意喚起した。偽情報は地震発生直後から出回っており、中にはNHKのロゴを不正に使ったものもあるという。

【その他の画像】

 例えば「北陸電力志賀原子力発電所で放射性物質を含む水が約420リットル漏えい中として、地図や写真を合わせて作った画像が貼り付けられていた」(NHK)投稿があり、4日午後3時の時点で64万回以上閲覧されていたという。しかし、画像は故障した変圧器から油が漏れ出す様子のものだった。

 なお北陸電力によれば、志賀原発では使用済み燃料プールで放射性物質を含む水が1号機から95リットル、2号機から326リットル飛散したものの、いずれも建物内にとどまっており、外部への放射能の影響はないとしている。

 NHKは「Xなどでは報道機関を装った偽情報や誤った情報が出される恐れがある。情報を見る際には本当に報道機関が出しているものか確認するなど、注意が必要」と呼び掛けている。



(出典 news.nicovideo.jp)