この記事を読んで驚きました。この女性が工場勤務の求人に応募したのに、おとり求人にはめられてしまったとは信じられません。雇用に関する詐欺は深刻な問題であり、被害者が増えてしまうことを心配します。

画像はイメージ

画像はイメージ

採用面接でひどい目に遭ったという人たちの投稿を紹介したい。岐阜県の50代後半の女性(福祉・介護/年収250万円)は、ある忘れられない出来事を振り返った。「薬や健康食品の製造の求人で、ハローワークから応募」した女性は「工場勤務」のつもりで面接に向かうと……。(文:長田コウ)

「水質調査の募集に応募した」→面接で「うちの会社はタクシー運転もする」

すると面接官は女性に、

「旅館の仲居の仕事ならある」

と言ってきたそうだ。工場勤務のつもりで面接を受けていた女性は、耳を疑っただろう。その会社が経営している旅館のようだが、「薬や健康食品の製造」という求人内容とはまるで異なる。この時点で「おとり求人だ」と気付いた女性。おとり求人とは、人材募集の実態がないにもかかわらず求人掲載サイトに載る求人広告のことで、今回の目的は「旅館の仲居」に誘導するためだろう。女性曰く「面接は普通」だったが、

「最後の最後に『仲居なら雇う』と言われて、断りました」

惑わされることなく賢明な決断をするも、「交通費も出ませんでした」と残念そうに綴った。

悪質なおとり求人に関する投稿は、ほかにも寄せられている。宮城県の30代前半の男性(Webインターネットゲーム/年収400万円)は「水質調査の募集に応募した」ときだった。

面接で「うちの会社はタクシー運転もするから2種免許ないと無理なんだよね」と言われた男性。しかし、その発言は男性にとって初耳だったのだ。

「求人情報にはタクシーのことは一言も書いてないし、資格欄も普通自動車(AT限定可)としか書いてなかった」

男性が素直に「持ってないですし、タクシーのこと今知りました」と打ち明けたところ、面接官から返って来た言葉は想定外のものだった。

「話すことないので帰ってください」

長期的な目で見れば、そのような会社に入らずに済んでよかっただろう。違法な可能性のあるおとり求人に引っかからないよう、読者のみなさんにも気をつけてもらいたい。

※キャリコネニュースでは「面接での信じられないエピソード」をテーマアンケートを実施しています。回答はこちらから https://questant.jp/q/74FZSHAJ

工場勤務のはずが「旅館の仲居なら雇う」と言われ…おとり求人にはめられた女性


(出典 news.nicovideo.jp)