北朝鮮は過去に数多くの軍事挑発行為を行ってきましたので、韓国の情報機関が2024年にもその可能性を予測することは重要です。国際社会は一つになって対策を講じる必要があります。

【写真・画像】【下書き】北朝鮮ミサイル_1227 1枚目

 韓国の情報機関が年明けの北朝鮮による軍事挑発に言及したほか、2024年は予期せぬ軍事・サイバー攻撃などに警戒が必要だと呼び掛けました。

【映像】韓国 2024年の北朝鮮の軍事挑発を警告

 韓国の情報機関「国家情報院」は28日、2024年北朝鮮に関する行動予測を発表し、春に予定されている韓国の総選挙を前に、北朝鮮が年明けにも軍事挑発に出る可能性が高いと警告しました。

 また最近の金正恩総書記と、妹の与正氏の発言や軍幹部への「強硬派・過激派」の起用や復権などから、2024年は韓国の総選挙アメリカ大統領選挙を意識した軍事・サイバー攻撃などの挑発に出る可能性が高いと警告しました。

 北朝鮮は過去、韓国で総選挙が行われた2016年には、選挙前後に4回目と5回目の核実験を実施したほか、2020年には選挙直前の3月に短距離弾道ミサイルを4回発射するなどしています。(ANNニュース

韓国の情報機関、2024年の北朝鮮による軍事挑発を警告


(出典 news.nicovideo.jp)