テレワークの有無を重視するのは、単純に通勤時間を節約したり、自分のペースで仕事ができるからではありません。むしろ、テレワークの導入が企業の働き方改革の象徴ともいえます。企業がテレワークを取り入れることで、従業員に対する働き方の柔軟性や選択肢を提供しているということですよね。

画像はイメージ

画像はイメージ

文化放送キャリアパートナーズは、2025年卒業予定の学生を対象とした「2025年卒ブンナビ学生調査」の調査結果を発表した。調査は、2023年11月1日から15日にかけてインターネット上で行われ、254件の回答を得た。

「志望企業・業界を決めていく中で、テレワークの実施状況も影響するか」という質問に対し、「はい」「どちらかといえばはい」と答えたのは、67.3%で、昨対比+7.3ポイントだった。(文:長田コウ)

インターンへの参加目的「選考に有利だと思うから」

テレワーク重視の理由には、コロナ禍で過ごしてきた大学生活も影響しているだろう。学生からはこんな声があがった。

テレワークワークライフバランスの整った企業が行っている印象があるため」

「長期インターンがフルリモートで慣れているため。新卒でも毎日新しい環境に身を置かなくていいのが気が楽」

また、4人に1人以上が「現在志望している企業以外で、志望企業をさらに増やすつもりはない」とし、企業選びの軸については、「大手・安定性」が昨対比+5.9ポイントという結果となった。「増やしたいと思わない理由」として、このような声があった。

「多すぎる場合の企業などの対策を、やりきる自信がない」

という選考対策にかかる労力や時間を考慮するものや、

「早期選考に入ったものが数社あるため」

といった就活の早期化に伴う影響が顕著にみられた。

就活の早期化も相まってか、インターンへの参加も積極的だ。参加する目的として、最も多かった声は「選考に有利だと思うため」。「インターンや仕事体験・セミナーに参加した企業から、選考に関する案内等があったか」という質問には、「選考が進んでいる」が41.3%、「内定を約束されている」が5.1%となり、半数近くの学生が早期選考・早期内定に進んでいることを示した。

なお、「企業が学生を選考するにあたって重要視すると思うこと」については、「協調性」と「主体性」が増加傾向にある一方、「創造性」が減少傾向という結果となった。

就活生の7割が企業選びで「テレワークの有無」を重視 ワークライフバランス求める傾向続く


(出典 news.nicovideo.jp)