田舎暮らしにおいての1位は「人間関係の構築」です。都市部と比べると、人口が少ない分、コミュニティが狭くなりがちです。初めての場所で孤立感を感じることもあるでしょう。しかし、地域のイベントや交流会に積極的に参加することで、人々との繋がりを築くことができます。

 田舎で暮らす際、不安なことは何か。AlbaLink(東京都江東区)が調査結果を発表し、1位は「人間関係になじめるか」(228人)だった。2位以下は「買いものに困りそう」(92人)、「医療機関が少ない」(87人)、「仕事が少ない」(80人)、「車社会で交通の便が悪い」(78人)が続いた。

【調査結果】田舎暮らしで不安なこと、求めるもの

 「人間関係になじめるか」と回答した人からは「近所付き合いが密でストレスがかかりそう」(40代女性)、「いつまでたっても“よそ者”と思われるのではないか」(50代男性)といったコメントが寄せられた。

 田舎で暮らすための条件では「商業施設が近い」(310人)が1位を獲得。「医療機関が近い」(113人)、「公共交通機関を利用可能」(89人)が続いた。

 田舎で暮らしたい理由の1位は「自然が豊か」(198人)。2位は「人が少なくて静か」(166人)、3位は「のんびり暮らせる」(133人)だった。「自然が豊か」と回答した人からは「都会とは違って常に癒しの中にいられる感覚が好き」(20代女性)、「五感で四季を感じられる暮らしがしたい」(50代男性)などのコメントが寄せられた。

 11月16~24日、全国の男女500人を対象にインターネットで実施した。

田舎暮らしに関する意識調査


(出典 news.nicovideo.jp)