紙コップが循環型社会に対応しているというのは素晴らしいですね!使い捨てではなく、使った後に堆肥になるということは、資源の有効活用にもつながりますし、環境への負荷も軽減されます。このような取り組みが増えることを期待しています。

 スマイル11月に、三菱ケミカルグループの生分解性樹脂「BioPBS」を使用した「BioPBS紙コップ」を発売した。

画像付きの記事はこちら




●自然界の微生物で水と二酸化炭素に分解し、堆肥として再利用



 「BioPBS」は、三菱ケミカルが開発、基本特許を有し、タイのPTT Global Chemicalと折半出資するPTT MCC Biochemにて製造する植物由来の生分解性樹脂。自然界の微生物によって水と二酸化炭素に分解され、他の生分解性樹脂と比較して低温ヒートシール性・柔軟性などに優れている。

 今回、発売された「BioPBS紙コップ」は、使用後に食品残渣発酵分解装置やコンポスト設備などで、水と二酸化炭素に分解されるため、堆肥として再利用できる。

 パッケージは好みのデザインで作成可能となっており、製造ロットデザインについても相談を受け付ける。

 紙コップの型とサイズは計15種類を用意しているので、サンプルの中から好きな紙コップを選べる。

 ラインアップは、コールド用の「Cold Cups」(11サイズ)、ホット用の「Double Wall Cups」(7サイズ)と「Ripple Wall Cups」(5サイズ)。

 最低注文数は要相談だが、デザイン付きの場合は最低3万個からとなる。

 「BioPBS紙コップ」の直近の採用事例としては、11月20日にFOOD AGRI NEXT LABが運営する、子ども向け教育プログラム「N=Yatsugatake 体験型サステナブルプログラム」における、食事提供に用いられている。
スマイル、生分解性樹脂を使用し、堆肥として再利用が可能な「BioPBS紙コップ」を発売


(出典 news.nicovideo.jp)