寒い日が続くなんて本当に辛いですね。東京都心の最高気温8℃とは信じられません。

メイン画像

26日(日)は、北海道日本海側では、引き続き昼前にかけて、雪を伴い風が強く吹くでしょう。猛吹雪や吹きだまりによる交通障害に警戒してください。関東は雲が多く、雨の降る所があるでしょう。東京都心の最高気温は8℃と真冬並みの寒さになりそうです。

北海道は猛吹雪に警戒 関東は雨の降る所も

画像A

26日(日)は西から冬型の気圧配置は緩みますが、北海道付近は等圧線の間隔が混み合ったままとなりそうです。

北海道日本海側では、引き続き昼前にかけて、雪を伴い風が強く吹くでしょう。猛吹雪や吹きだまりによる交通障害に警戒してください。東北は日本海側を中心に朝晩は雪や雨の降る所があるでしょう。北陸は明け方まで雨や雪の降る所がありますが、日中は次第に晴れ間がでそうです。

関東は湿った空気の影響で、雲が広がりやすく、沿岸部を中心に雨の降る所があるでしょう。東海から九州は晴れる所が多い見込みです。沖縄は雲が多く、所々で雨が降るでしょう。

なお、26日(日)の朝にかけては、雪や雨で湿った路面が広範囲で凍結することが予想されます。車での峠越えは冬用タイヤを必ず装着するようにしてください。ノーマルタイヤの峠越えは非常に危険です。

北海道は師走並みの寒さ続く 関東は真冬並みの寒さ

画像B

26日(日)の朝は冷え込むでしょう。最低気温は札幌市マイナス3℃と12月並みの冷え込みとなりそうです。仙台市は1℃、東京都心は5℃、長野市マイナス2℃、大阪市は6℃と今シーズン最も低くなるでしょう。

最高気温は、25日(土)よりは高い所が多い見込みです。それでも札幌市は2℃、旭川市マイナス1℃と師走並みの寒さでしょう。万全な寒さ対策が必要です。金沢市は14℃と25日(土)より5℃高く、平年並みに戻りそうです。大阪市は15℃、福岡市は17℃と、平年並みとなり、日中は日差しが暖かく感じられるでしょう。朝晩と日中の気温の変化が大きくなりますので、服装で上手に調節してください。

一方、関東は日差しがほとんど届かず、25日(土)より低くなるでしょう。東京都心の最高気温は25日(土)より6℃低い、8℃と真冬並みの寒さとなりそうです。日中も気温が上がらず、厳しい寒さとなりますので、冬物のコートなどで、しっかりと寒さ対策をなさってください。

ノーマルタイヤの危険性

画像C

雪道をノーマルタイヤで走行すると、タイヤが低温で固くなって吸着性が失われ、路面を摩擦で捉えることができなくなります。このため「滑る」「止まらない」「曲がらない」と、自動車が本来確保しなければならない動きが制御できなくなり、スリップ事故や渋滞の原因につながってしまいます。

雪道を時速40kmで走った場合、ブレーキを踏んでからクルマが止まるまでの距離は、ノーマルタイヤでは冬用タイヤの約1.7倍にもなるという走行実験結果もあります。

雪道でのノーマルタイヤは、とても危険ですので、冬用タイヤチェーンを必ず装着するようにしてください。雪や雨が降ったあとの路面は凍結していることもあります。一見、路面に雪がないように見えても車の運転には十分な注意が必要です。

日曜 寒さ続く 東京都心の最高気温8℃と真冬並み 北海道は昼前まで猛吹雪に警戒


(出典 news.nicovideo.jp)

ゲスト

ゲスト

8℃ならまだ暖かい。福井の勝山辺りは真冬は-2℃まで下がり、毎日メートルクラスの雪が降り積もる豪雪地帯たった3cmで交通麻痺とか笑いもの