文化の違いによって価値観も異なるので、人々にとっては自分にとっては不要なものでも、他の人にとっては有り難いものなのかもしれません。


2023年9月14日、韓国・ヘラルド経済は「韓国のガザミ(ワタリガニ)輸入業者がイタリア北東部の海岸で個体数が急増しているタイワンガザミの輸入計画を推進中だ」と伝えた。

記事によると、ソウル近郊・仁川市のガザミ輸入業者代表は最近、タイワンガザミを韓国に輸出できる現地業者を探してほしいと駐韓イタリア商工会議所に要請した。

記事は「イタリア北東部のベネト州は現在、タイワンガザミとの“戦争”を宣布した状態」とし、「貝の養殖場に莫大な被害を与えている外来種」との理由からだと説明している。

ベネト州のルカ・ザイア知事は先月の記者会見で「(タイワンガザミが)全てを破壊し、災いを招いている」と述べた。

主に北米の大西洋沿岸に生息するタイワンガザミは数年前に地中海に入り込み、その後数カ月の間にイタリア北東部の海岸で「厄介者」として浮上した。体重が最大で1キロになるタイワンガザミは、その鋭いハサミで貝をこじ開けることができ、食べる量も多い。このため、イタリア人がパスタの材料としてよく使用するムール貝やカキなどが食べ尽くされる危機にあるという。

イタリア政府もこうした状況を把握しているものの、タイワンガザミには天敵がいないことから対応に苦慮している。毎年12トンのタイワンガザミが捕獲されているが、個体数にはほとんど影響を及ぼしていないという。

記事は「カンジャンジャン(ガザミの醤油漬け)やコッケタン(ガザミ鍋)がよく食べられる韓国では信じられない話だが、イタリアではガザミを使った料理が好まれないそうだ」と伝えている。

この記事を見た韓国のネットユーザーからは「捨てないで韓国にちょうだい」「タイワンガザミの天敵は韓国人だ!イタリア人を困らせるやつらを叱ってやろう」「イタリア人がカンジャンジャンの味を知ったら絶対に渡したくなくなるよ」などの声が上がっている。

一方で「イタリアからお金をもらって輸入するべきだ。処理してあげるのだから対価はもらわないと」「イタリアから安く輸入しても、韓国に入ってきたら高く買わされるのが現実」「韓国産より安く売ってくれないと意味がない」などと指摘する声も見られた。(翻訳・編集/堂本)

14日、韓国・ヘラルド経済は「韓国のガザミ輸入業者がイタリア北東部の海岸で個体数が急増しているタイワンガザミの輸入計画を推進中だ」と伝えた。資料写真。


(出典 news.nicovideo.jp)