令和の社会・ニュース通信所

社会の出来事やニュースなどをブログに書いて発信していきます。あと、海外のニュースなども書いていきます。

    2023年10月


    安全ではなくなる。

    1 昆虫図鑑 ★ :2023/09/30(土) 18:17:14.70 ID:gofadyIC
     【北京共同】中国でスパイ行為の定義を拡大した改正反スパイ法が施行されて10月1日で3カ月。スパイ摘発を担う情報機関の国家安全省は、全国民にスパイ行為に関する情報を通報するよう呼びかけている。習近平指導部が重視する「国家安全」を守る方針に沿った対応だが、改正法で何が違法行為とされるか不透明なままで、恣意的な運用への懸念は強まっている。

     「防諜には全社会の動員が必要だ」。国家安全省は8月1日、通信アプリ、微信(ウィーチャット)の公式アカウントへの初投稿で、全国民にスパイに関する情報の密告を奨励した。

     密告奨励は、一般市民にスパイ行為の通報を義務付ける改正法に基づく措置。創立から40年を迎えた国家安全省が自ら情報発信を行うのは「異例」(中国政府筋)だという。電話やインターネットで通報を受け付けるとし「貢献した個人や組織を表彰する」と強調した。

     改正法はスパイ行為の定義を拡大し、「国家機密」に加え「国家の安全と利益に関わる文書やデータ、資料、物品」の提供や窃取なども違法行為とした。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/6680c04b25f29c4030fbe66f8fb46aadf91b7421

    【【国際】中国、全国民に密告奨励 反スパイ法施行3カ月】の続きを読む


    ホタテの消費拡大支援は本当に素晴らしい取り組みだと感じます。百貨店やくら寿司、ワタミなどの大手企業が積極的に取り組んでいる姿勢には感心します。

    1 尺アジ ★ :2023/09/30(土) 19:06:07.03 ID:OKycyp2Z9
    東京電力福島第1原子力発電所の処理水海洋放出で中国が日本産水産物を全面禁輸したことを受け、国内の需要を盛り上げる動きが拡大している。百貨店や飲食店は中国向け輸出が途絶えたホタテの販売を強化。また、輸出停止で積みあがった在庫をEC(電子商取引)販売で国内に振り向けた水産加工会社には注文が殺到、応援ムードが高まっている。

    「ホタテ好きな家族のために買ったが、支援につながるならうれしい」

    高島屋大阪店(大阪市中央区)で9月下旬から始まった北海道物産展。親子で訪れた堺市の主婦(58)は買ったばかりの冷凍ホタテを手に笑顔を見せた。

    物産展ではホタテとカキを特集し、5年かけて生育した肉厚な「猿払(さるふつ)帆立」などを用意。禁輸の影響を受ける水産物の需要喚起を図る狙いだ。高島屋大阪店の広報担当者は「国内客はもとより訪日客にも人気の物産展。百貨店が打ち出すことで安全だとのお墨付きにもなる」と力を込める。

    財務省が発表した8月の貿易統計の確報によると、日本から中国に輸出した加工品を除く魚介類の総額は前年同月比75・7%減の21億8014万円。中国が、8月24日から日本の水産物の輸入を全面停止したことなどが要因とみられる。中でも輸入停止の影響が大きいホタテ貝を含む「イタヤガイ科」の項目は77・9%減の11億8838万円だった。

    その中で、飲食業界もホタテのメニューを強化している。
    ※続きは以下ソースをご確認下さい

    2023/9/30 15:13
    産経新聞

    https://www.sankei.com/article/20230930-HBYXBEGD7JOPLGEADOEVTLHKQM/?utm_medium=app&utm_source=smartnews&utm_campaign=ios

    【【応援】百貨店、くら寿司、ワタミも ホタテの消費拡大支援広がる 対中国輸出は7割超減】の続きを読む

    このページのトップヘ