令和の社会・ニュース通信所

社会の出来事やニュースなどをブログに書いて発信していきます。あと、海外のニュースなども書いていきます。

    2023年07月


    4年ぶりということもあり、観客数も過去最高になったので仕方ないかもしれませんが、本当にまじで地獄でした。駅周辺は人だらけで、移動するのもままならない状況でした。改善策を考えてほしいです。

    1 首都圏の虎 ★ :2023/07/30(日) 07:24:50.13 ID:/NYVohVx9
     東京の夏の風物詩「隅田川花火大会」が29日、4年ぶりに開催され、約2万発の花火が下町の夜空を彩った。大会実行委員会によると、約103万人の観客が訪れた。新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、2020年以降は中止されていた。

     SNS上では、花火の写真とともに「綺麗でした」「最高でした」などと報告する投稿に加え、現場の混雑ぶりについてのリポートも続々と上がった。特に大会終了後の浅草駅や南千住駅、両国駅などの混雑ぶりに「浅草駅は付近は全然動けません」「まじで地獄でしたわ」と”帰宅ラッシュ”への悲鳴が相次いだほか、混雑の中で自己中心的に行動する人やゴミを投げ捨てたまま帰路に就く人に対するクレームのコメントも投稿された。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/ac0783b6213d38ad12ce2914cca4ad13ba26784e

    ★1 2023/07/29(土) 22:23:55.65
    前スレ
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1690644836/

    【【東京】4年ぶり隅田川花火大会「全然動けません」観客103万人“帰宅ラッシュ”とポイ捨てに悲鳴の声「まじで地獄」】の続きを読む


    中国の若者の失業率が50%に達しているなんて驚きですね。このままでは社会不安が広がり、政権に対する反乱の可能性も高まるでしょう。

    習近平

    最近、北京大学のある副教授がネット上で、家で寝てばかりの親に依存する若者ら1,600万人を含めたら、中国の失業率が46.5%に達した可能性があると指摘した。


    ■真の失業率はどうなっているのか

    その後、この投稿は中国当局によってすぐに削除された。この副教授は拘束されていないというが、場合によっては拘束される可能性もあろう。

    一方、中国の国家統計局は今年3月の若者(16〜24歳)の失業率が19.7%に上ったと発表し、6月の公式統計では過去最高の21.3%に達したと明らかにしている。どっちが実態を反映しているかは分からないが、いずれにせよ日本と比べても非常に高い数値だ。


    関連記事:習政権が反スパイ法の改正案を可決 今後さらに邦人が拘束される恐れ

    ■国民からの反発を恐れる習近平氏

    中国は経済的に大国となったが、近年中国の経済成長率は鈍化傾向にあり、新型コロナウイルスの感染拡大を徹底的に抑えるとしたゼロコロナ政策の導入がそれに拍車をかけた。

    ゼロコロナにより人々は自由に外出できなくなり、日常生活で大きな制限をかけられ、企業も安心してビジネスできる環境を失った。それにより、人々の経済的不満が高まり、その矛先が今日共産党政権に向けられている。

    昨年秋、日本の国会に当たる全国人民代表大会が北京で開催された際、北京や上海では“習近平独裁者”、“早く退陣しろ”などが書かれた横断幕が掲げられる動画が一時ネット上で出回った。テレビでは報道されないが、中国国民の共産党政権への不満が日に日に高まっている。

    仮に、上述の失業率50%が実態だったとしたら、習政権は国内で極めて大きな脅威に晒されていると言えよう。

    ・合わせて読みたい→中国が台湾有事の準備に着手か 習近平は有言実行の中華皇帝になるか

    (取材・文/Sirabee 編集部・セレソン 田中

    中国の若者の失業率が約50%に 習近平政権は国内からの反乱を警戒?


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【国際】中国の若者の失業率が約50%に 習近平政権は国内からの反乱を警戒?】の続きを読む


    ロシアの報復処置?

    1 香味焙煎 ★ :2023/07/29(土) 14:11:01.54 ID:HC5GNGqd9
    ロシアが実効支配する北方領土・国後島で日本人のビザなし交流訪問団の宿泊先だった日本寄贈の「友好の家」(通称ムネオハウス)が、昨年2月のロシアによるウクライナ侵攻後に改装され、一般向け宿泊・飲食施設に営利転用されたことが29日分かった。現在は夏季休暇のロシア人らが利用している。

    日本は侵攻後に米欧に同調し対露制裁を科し、反発したロシアは北方領土問題を含む平和条約交渉を中断。北方四島の元島民とロシア人島民らによるビザなし交流の合意も破棄した。

    「友好の家」は日本政府の資金で建設され、1999年にロシア側に引き渡された。ロシア人島民向けの日本語教育も行われた。日本からの訪問者がいない時期には日ロ交流と関係のないロシア人が宿泊することもあったが、侵攻後に改装され、宿泊・飲食施設として営業を本格化させた。

    教室として使われた部屋にはテレビやビールサーバーが設置され、食堂兼スポーツバーに転用。入り口には日本の寄贈を示す記念板が残る。(共同)

    産経ニュース
    2023/7/29 09:44
    https://www.sankei.com/article/20230729-FNEBF6PNMJI5LJRBT2TEZPUN7M/

    【【社会】国後島「ムネオハウス」をロシア側が営利転用、宿泊・飲食施設に ウクライナ侵攻後】の続きを読む


    現状のままでは、難しいのかもしれない。

    自動車保険の保険金不正請求問題などをめぐり、中古車販売大手ビッグモーター(港区)に対する批判が強まっている。7月28日には、国土交通省が道路運送車両法に基づき、ビッグモーターの全国34店舗に立入検査に入ったと報じられている。

    帝国データバンクの「中古車販売市場」動向調査によれば、2022年度の中古車販売市場(事業者売上高ベース)は3兆9073億円で、過去最高を更新。中古車販売市場でシェアトップの約15%を占める同社が顧客を裏切ってきたことは、社会に大きな衝撃を与えている。

    非上場のオーナー企業であるが、会社法上は「大会社」に該当し、社会的責任は大きい。企業統治の専門家はどう見ているのか。久保利英明弁護士に聞いた。

    ●「そもそも会社の体をなしていない」

    ——記者会見や一連の動きを、どのようにみていますか

    ビッグモーターはそもそも会社の体をなしていません。取締役会は機能不全であり、内部統制システムも全く構築されておらず、全ては経営者の責任です。

    会社法上の「大会社」であり、取締役会設置会社ですから、本来であれば3カ月に1回以上、取締役会を開催しなければいけませんでした。また、これだけの売り上げや従業員数、支店数の企業規模になれば、取締役会の開催は毎月でも足りないくらいですが、会社法上の要件を満たす取締役会さえ行わず、取締役会として不正行為の是正に努力した形跡はありません。

    また、調査報告書と報道を拝見する限りでは、会社法上の大会社としての体制作りへの努力の形跡は全く見当たらず、内部統制システムも全く構築されていません。株式会社に求められる内部統制システムは、取締役の内部統制システム構築・維持活用義務の対象です。その構築がなされていないのは明らか取締役の義務違反です。

    しかも違法行為を社長が「知らなかった」と言うこと自体、経営の怠慢です。仮に本当に知らなかったのであれば、内部統制が存在しなかったと言わざるを得ません。むしろ、“知らぬ顔”を決め込むために、内部統制制度自体を敢えて意図的に行わなかったと認定すべき事案です。

    その意味で本件はガバナンスコンプライアンス云々以前の、会社の管理体制、経営体制設計に欠陥があったと言うべき事案です。監査役会はなく現に監査役1名で、監査役会の設置もしなかった。株主としての経営者一族の考え方自体が批判されるべきです。

    ●「保険金詐欺の典型例であり、刑事事件の立件が相当な事案」

    ——7月25日に開いた記者会見で、兼重宏行(前)社長は謝罪した上で、自身と息子の兼重宏一副社長の辞任を明らかにしました。これで幕引きとなってしまうのでしょうか。

    ビッグモーターは保険金詐欺の典型例であり、刑事事件の立件が相当な事案と考えます。

    修理工場が器物損壊をして過大な保険金を受領するのは、コンプライアンスの問題ではなく、反社と言われても仕方ないレベルです。本来「コンプライアンス」というのは、刑事法には違反しないが社会的に見れば不適切というケースを意味し、「法令遵守」ではなく「社会適合性」と訳すべき規範です。

    もちろん、そのような会社と取引を行い、被害を被った損保会社の審査基準も問われるべきですが、だからといって同社及びその取締役たちが免責されることにはなりません。

    社長・副社長・専務の辞任は当然ですが、それで幕引きとはなりません。保険会社や被害者の損害は賠償されなければならないし、行政による立ち入り検査や厳格な刑事捜査も必須です。

    ●「解体して、ゼロから出直すしかない」

    ——今後は刑事事件に発展する可能性もありますが、ビッグモーター社がやり直しをするにあたり、どのような体制が必要ですか

    今回の事件は、実質100%の株式を持つ同族会社の社長、副社長による業界の破滅行為だったと言えますので、辞任程度の幕引きではすみません。過大収益が詐欺や違法行為によりもたらされた以上、倒産や会社清算もやむを得ないでしょう。再建可能性云々は刑事捜査を徹底し、厳正な行政処分も実施してからの話であり、時期尚早です。

    今回の事件によって「保険はいい加減」という認識が広がったら、保険会社に対する信頼も大きく揺らいでしまいます。社会的事象として捉えて、保険会社も対応をしなければいけません。保険会社だけでなく、顧客もグレードが下がって保険料があがったのであれば、保険会社と交渉し、保険会社にカバーしてもらう必要もあるでしょう。

    社長や副社長が取締役を辞任しても、現株主構成では会社体制の改革は期待できません。経営陣の全面取り替えが必要です。今後は支店や工場の閉鎖も続くでしょうし、その意味では従業員はダメージを負うことになるでしょう。しかし不正を放置し、会社が存続することでゾンビになってまた悪いことをやるかもしれない。そのほうが社会にとって害悪が大きいと言わざるを得ません。

    同社は解体して、ゼロから出直すしかないのではありませんか。

    【取材協力】久保利英明(くぼり・ひであき)弁護士 1944年埼玉県生まれ。1971年弁護士登録。日本弁護士連合会副会長、日本取引所グループ社外取締役などを歴任。「第三者委員会報告書格付け委員会」委員長、「一人一票実現国民会議」共同代表などを務める。専門はコーポレートガバナンス(企業統治)など。

    「ビッグモーターは解体して、ゼロから出直せ」久保利弁護士が穴だらけの経営体制を批判


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【社会】「ビッグモーターは解体して、ゼロから出直せ」久保利弁護士が穴だらけの経営体制を批判】の続きを読む



    (出典 www.bownet.co.jp)


    将来の夢を叶えるには高学歴が必要とは言えるかもしれませんが、ゲーム業界には実力や才能が重要な要素として求められています。大学名や偏差値よりも、自身の努力や熱意を持つことが大切だと思います。

    1 デビルゾア ★ :2023/07/29(土) 04:13:27.39 ID:DjuOkomh9
    子どもが「任天堂とかゲーム会社に入りたい」→採用は東大など高偏差値大学ばかり

    子どもが将来の夢を叶えるためには、やはり高学歴が必要なのだろうか。少し前、あるTwitterユーザーのつぶやきが話題を集めていた。自分の子どもが「任天堂などゲーム会社で働きたい」という夢を口にしたため、任天堂に新卒で採用された大学ランキングを見せる準備をしているというもの。そのランキングの上位には東京大学、京都大学、東京工業大学、同志社大学、大阪大学といった高偏差値の難関大学が並んでいる。このツイートに対して、「大手のゲーム会社に就職したいならとりあえず受験勉強を頑張れ」「現実を早く知ったほうが夢は叶う確率が高い」など、さまざまな意見が寄せられていた。

     やはり、子どもが憧れる会社に入るためには、高偏差値の大学に入らないと難しいのか――。働き方評論家で千葉商科大学准教授の常見陽平氏に聞いた。

    若者の志望する業界・企業は多様化している

     まずは今の若者から人気のある業界や企業について聞いていこう。

    「一言では言えないほど多様化しています。就職情報会社などが毎年発表している人気企業ランキングでは、媒体ごとにかなり異なった結果となっています。例えば、高偏差値大学の学生が多く登録しているといわれている就活サイト『ワンキャリア』の東大・京大人気企業ランキングでは、上位に外資系のコンサル、ITなどの企業が多くランクインしています。

     一方で、大学の偏差値にかかわらず大多数の就活生が登録する就活サイト『マイナビ』が調査した人気企業ランキングでは、総合商社や金融などの日系の大手企業がランクインしています。これらの状況から、高偏差値大学の就活生に絞った場合と就活生全般で見た場合とで、人気の業界や企業に違いが出てきていることがわかります」(常見氏)

    (中略)

    必ずしも高学歴が有利だというわけではない

     日系か外資系かの違いはあれど、当然ながら人気企業ランキングの上位に名を連ねるのは大企業ばかりだが、大企業に入るにはやはり高偏差値大学が有利なのだろうか。

    「高偏差値大学の学生のほうがこれらの企業への内定実績は多いといえますが、一概に絶対的に有利だとも言い切れません。高偏差値大学が有利だという見方には、いわゆる学歴フィルターによって意図的に高偏差値大学の学生に絞って採用したパターンと、学歴フィルターはかけていないが結果として高偏差値大学の採用が多くなったというパターンがあります。

     そして大企業のなかでも、特に金融業界で多いのですが、総合職と一般職で採用基準が違うということがあるのです。総合職では、ある程度大学が絞られている一方で、一般職では広くいろいろな大学から採用している傾向などが見受けられます。大企業に入るためには必ず高偏差値大学でないといけないということはないのです」(同)

    (中略)

    憧れの仕事に就くには中長期的プランも重要

     子どもが憧れる職業に就くためには何が重要なのか。

    「前提として、志望していた大企業に入れたからといって、その子がやりたい仕事につけるという保証はありません。今回の話だと、受験勉強を頑張って高偏差値大学に受かり、新卒で任天堂に入社できたとしても、希望外の配属だった場合、夢だったゲーム開発には必ずしも携われないことになります。まずは、その子自身がゲーム制作のなかでもプログラミングをしたいのか、ゲームのデザインをしたいのかなど、やりたいことを具体的にするために、親がその職業や業界などの実情を子に教えてあげて、一緒に業界分析をしていくことが大切でしょう。

     また、キャリアの形成という点からすると、最初からやりたいことを明確にして、逆算して新卒入社するというパターンだけではありません。昨今では中途採用に力を入れている企業も多いので、さまざまな業界で経験を積んでから、行きたい企業に中途入社するという方法もあるわけです。自分が行きたい業界や企業に新卒で入ることだけではなく、中長期的な視点で志望する業界・企業へ進む道を探していくことも重要です。今の時代、キャリアの歩み方は本当に多種多様です。その子が頑張れる範囲で、いきいきと働くにはどうしたらいいのか、その都度考えるほうが夢は叶いやすいかもしれません」

    (全文はこちら)
    https://www.google.co.jp/amp/s/biz-journal.jp/2023/07/post_357416.html/amp

    【【社会】子供「任天堂とかゲーム会社に入りたい」→採用は東大など高偏差値大学ばかりの現実─将来の夢を叶えるには高学歴が必要なのだろうか】の続きを読む

    このページのトップヘ