令和の社会・ニュース通信所

社会の出来事やニュースなどをブログに書いて発信していきます。あと、海外のニュースなども書いていきます。

    2021年01月



    (出典 www.news24.jp)


    危機的状況は変わらないです。

    1 ばーど ★ :2021/01/29(金) 15:34:26.40

    東京都で新たに868人の感染確認 重症者は3人減の147人

    東京都によると、29日に確認された新型コロナウイルスの感染者は868人だった。重症者は前日から3人減って147人となった。

    感染が確認されたのは10歳未満から100歳以上の868人。年代別にみると、20代が最も多い172人で、次いで30代が140人、50代が119人、40代が112人。重症化リスクが高い65歳以上の高齢者は合わせて225人だった。

    2021.01.29 15:01 ANNニュース
    https://times.abema.tv/news-article/8644116

    ■東京都新規感染 1/29
    https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/index.files/030129sokuhou.pdf
    検査数 10606件
    感染者 868人
    重症者 147人 
    高齢者 225人

    ■明日1/30に反映される1/27の検査数は9,382件
    https://stopcovid19.metro.tokyo.lg.jp/cards/number-of-tested/

    ★1が立った時間 2021/01/29(金) 15:00:28.33
    前スレ
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1611900028/


    【東京都、新たに868人感染 重症者147人 1月29日】の続きを読む



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    心霊現象を科学で解明できる日くるかもしれません。

     死者の声が聞こえる人の特徴を科学で解明

    死者の声が聞こえる人の特徴を科学で解明/iStock

     死者の声が「聞こえる」と主張する人は確かに存在する。そうした傾向のある人の特徴を、研究者たちが特定した。

     新たな研究によると、霊の声が聞こえると自称する人たちは、一般の人よりも物事に集中し、非常にのめり込みやすく、子供の頃に異様な聴覚体験をしたことがあり、幻聴に対する感受性が強い傾向にあるという。

     この発見により、統合失調症のような精神疾患に伴う不可解な幻聴について、より理解することができるようになるかもしれない。

    ―あわせて読みたい―

    悪魔から幽霊まで、10の超常現象を科学的に説明する
    あなたの見たアレは本物のアレ?幽霊に関する6つの科学的説明
    臨死体験は単なる幻覚なのか?科学者が予想する死後に起こること
    科学がまだ解決していない7つの謎の音(音声あり)
    第三の目か?霊的体験における脳の松果体の役割を探る科学研究

    霊の声が聞こえる人は若い頃から異質な幻聴体験をしている

     降霊術師の透視や透聴体験、つまり外部刺激がなにもない状態で、なにかを見たり聞いたりする体験は、死者の霊に起因するとされているが、これは、宗教的、霊的体験を研究する人類学者や、病的な幻覚体験を調べている専門家たちにとって、科学的に非常に興味深い事象だ。

     研究者たちはとくに、一部の幻聴体験者が、降霊術師と同じような体験を報告する理由を解明したがっているが、一方では、こうした人たちは精神の病に苦しんでいるだけだと診断される場合もある。

    「降霊術師は、人生の早い時期からはっきりした異質な聴覚体験をしていて、それを自分でコントロールできる傾向にあります」というのは、イギリス、ノーサンブリア大学の心理学ピーター・モーズリー。

    「こうした能力がどのように発達するのかを理解するのは、自分では制御できない幻聴の苦しみをより理解するのに役に立つ可能性があるため重要です」

    幻聴・幻覚体験

    Pixabay

    集中力が高く没頭しやすい人ほど幻聴体験をしやすい


     モーズリーは、ダラム大学の心理学アダム・パウエルと共に、英国スピリチュアリスト連盟に登録されている霊聴力のある霊媒師65人、SNSを通して募った一般人143人を調査して、声が聞こえる人と聞こえない人のなにが違うのかを突き止めた。

     霊媒師全体の44.6%が日常的に幻の声を聞いていて、79%がこれは生活の一部になっていると答えた。ほとんどの霊媒師が、その声は頭の中で聞こえると言っているが、31.7%は外から聞こえることもあるという。

     一般の人たちと比べると、霊媒師のほうが超常現象を信じている割合は高く、他人にどう思われようとあまり気にしない傾向にあった。

     霊媒師が初めて霊の声を聞いたのは若い頃、平均すると21.7歳ぐらいのときで、彼らは物事に没頭しやすい傾向にあることが報告されている。

     没頭とは、精神的課題や活動、もしくは通常とはまったく異なる心理状態にあるときに、完全にのめり込んだ状態のことで、いかにその人がまわりの世界が見えなくなり集中しているかを示す。

     さらに、彼らは幻覚に似た体験をすることが多い。そうした不可解な体験をする前に、『心霊主義』(人は肉体と霊魂からなり、肉体が消滅しても霊魂は存在し、現世の人間が死者の霊と交信できるという考え)について聞いたことはなかったといい、むしろなんらかの答えを探しているといに"声"に遭遇したという。

     一般の人々の場合、高い没頭力は超常現象を信じていることと強く結びついているが、幻聴に対する感受性はほとんどない。

     霊媒師も一般人も、超常現象を信じる割合や、幻視に対する感受性においては、それほど差はなかった。

    霊の声が聞こえる人の特徴

    Pixabay

    自らの体験が霊の存在を確かなものに


     これらの結果から、死者の声を聞く体験は、まわりのプレッシャーや、現実的な社会の状況、超常現象を信じることによる暗示の産物とはあまり関係がないことがわかった。

     その代わり、死者の声を聞く傾向にある人たちは、幻聴が彼らの体験と一致し、彼らにとって個人的に意味があることから心霊主義信じるようになる。

    「私たちの発見からは、学びや切望についてたくさんのことがわかります。今回、実験に参加してもらった被験者たちにとって、心霊主義の信条は、子供の頃の異様な体験や、彼らが実践的な霊媒として体験する頻繁に起こる聴覚現象の両方を理解する上での考え方のようです」パウエルは言う。

    「しかし、こうした体験のすべては、努力すれば死者と接触できる可能性を信じるというよりも、特定の傾向や幼少期からこうした能力があることから生じる結果である可能性があります」

     将来的な研究は、没頭、信念、幽霊が耳元でささやく奇妙な霊的経験の間の関係を、より理解するために、さまざまな文化的文脈を探究するべきだという。

    この研究は『Mental Health, Religion and Culture』に発表された。

    References:Scientists shed light on how and why some people report “hearing the dead” - Taylor & Francis Newsroom/ written by konohazuku / edited by parumo

    全文をカラパイアで読む:
    https://karapaia.com/archives/52298757.html
     

    こちらもオススメ!

    ―知るの紹介記事―

    自分の死亡届を勝手に提出された女性、自分の生存を証明するため3年を費やす(フランス)
    非光合成細菌にも体内時計があることが判明(ドイツ研究)
    俳優を夢見ていた父親の夢を息子が合成画像で実現。映画のワンシーンに違和感なく入り込む
    4年半にわたり顧客のアカウントをハッキングし、夜の営みを盗み見ていたホームセキュリティ会社職員が逮捕(アメリカ)
    死後、デジタルで蘇る。故人をAIチャットボットとして復活させる技術

    超常現象・心霊についての記事―

    未解決殺人事件の現場となったリジー・ボーデンの家が売りに出される
    氷の中に原始人!?アメリカで謎のモノリスが出現
    幽霊が出ると噂の廃墟の家を訪れた十代グループ、冷蔵庫の中から腐敗した遺体を発見
    2021年はどうなる?霊能力をもつ盲目の予言者、ババ・ヴァンガの予測
    未解決怪奇事件。ドイツの法律事務所で起きたポルターガイスト現象の謎
    死者の声を聞くことができる人の特徴を科学で解明(英研究)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【死者の声を聞くことができる人の特徴を科学で解明(英研究)】の続きを読む



    (出典 www.wowkorea.jp)


    韓国の優先度順位が下がっているような気がします。

    1 Felis silvestris catus ★ :2021/01/28(木) 20:01:09.27

    ※統一まで84942秒
    https://www.recordchina.co.jp/b869966-s0-c10-d0058.html
    2021年1月27日、韓国・朝鮮日報は、茂木敏充外相とブリンケン国務長官が初の電話会談を行ったことを伝え、「またも日本が韓国より一足早かった」と伝えた。

    ブリンケン国務長官は同日午前、長官就任宣誓を行った後にカナダ外相、茂木外相の順に電話会談を行った。日本側は「日米同盟の強化と共に、自由で開かれたインド・太平洋の実現に向けて緊密に協力していくことで一致した」と発表した。韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相とも近いうちに電話会談を行う予定だという。

    これについて記事は「バイデン政権の外交・安全保障分野の要人らが韓国より先に日本と通話する状況が続いており、これは米国のアジア政策の優先順位において日本が上だということではないか」と指摘している。サリバン大統領補佐官も、21日に北村滋国家安全保障局長と電話会談し、その2日後に韓国の徐薫(ソ・フン)国家安保室長と電話会談した。オースティン国防長官も、23日に岸信夫防衛相と、24日に徐旭(ソ・ウク)国防長官とそれぞれ電話会談したという。

    さらに、昨年11月の米大統領選挙後にバイデン大統領が各国首脳と電話会談を行った際も、菅義偉首相の方が文在寅(ムン・ジェイン)大統領より先だった。ただ、これについて韓国大統領府は「首脳間の通話は互いに都合のいい時間に行われるため、順序は重要でない」と説明している。元外交部幹部も「大きな差でない限り、電話会談の順序にこだわるのは無意味」と指摘したという。

    これを見た韓国のネットユーザーからも「順序より内容が大事」「電話を先にしたからといって何かが変わるの?」との声が上がっている。

    一方で「米国は昔から日本を重要視してきた」「もし日本より先だったら、大統領府は喜んでアピールしていただろう(笑)」「日本より内需市場も小さく、輸出依存度も高い韓国はもっと焦るべきなのに。対米関係により依存する韓国が毎回負けているのは文政権に能力が足りないからだ」と指摘する声も見られた。(翻訳・編集/堂本)


    【「また日本が先だった」バイデン政権の電話の順番に韓国メディア落胆 韓国ネット「毎回負けているのは文在寅に能力が足りないから」】の続きを読む



    (出典 ironna.jp)


    韓国はめちゃめちゃです。

    1 パンナ・コッタ ★ :2021/01/28(木) 17:33:36.94

    慰安婦問題をめぐっては、日本軍が戦前、朝鮮出身の女性を「性奴隷」にしていたというイメージが世界に広まっている。
    最近、ドイツでもこうした主張に基づく慰安婦像が新たに設置された。

    こうしたなか、米ハーバード大のJ・マーク・ラムザイヤー教授が、慰安婦が当時政府規制下で認められていた国内売春婦の延長線上の存在であることを理論的実証的に示した学術論文が、3月刊行予定の「インターナショナル・レビュー・オブ・ロー・アンド・エコノミクス」誌65巻に掲載される(雑誌ホームページですでに閲覧可能。
    こちらをクリック、https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0144818820301848)。

    米国の高名な会社法学者であるとともに、日本研究の大家でもあるラムザイヤー教授が、他の専門研究者の査読を経た学術論文で、「慰安婦=性奴隷」説に異を唱える議論を展開した意義は大きい。

    ■問題は朝鮮の募集業者にあった

    教授は、いかなる対象であれ、人間は与えられた条件の下で、自らの利益を追求するという経済学の手法を用いて分析する。
    慰安婦もその例外ではない。
    本論文では、他の研究者の業績や当時の日本・朝鮮の史料に基づき、朝鮮人慰安婦も日本人慰安婦も公認の売春婦であり、日本軍に拉致され、売春を強いられた「性奴隷」ではないこと、慰安婦をめぐる問題点は、朝鮮における募集業者にあったことが指摘されている。

    https://special.sankei.com/a/politics/article/20210128/0001.html

    ※前スレ
    【日帝】米ハーバード大教授が「慰安婦=性奴隷」説を否定する論文を発表 [パンナ・コッタ★]
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1611818167/


    【米ハーバード大教授が「慰安婦=性奴隷」説を否定する論文を発表】の続きを読む



    (出典 i.ytimg.com)


    情報の発信が足りなかったのでないかと思います。

     新型コロナウイルス感染症に対応した政府の「休業支援金・給付金」について、1月末となっていた2020年4~9月分の申請期限が延長される可能性がある。1月28日、田村憲久厚生労働大臣が予算委員会で明かした。

    【画像】休業支援金の要件

     休業支援金は、休業手当が支払われない労働者に賃金の8割を補償する制度。新型コロナウイルスに関連して勤務先の指示によって時短・休業した中小企業の労働者が対象で、雇用保険に未加入のアルバイトも利用できる。

     労働者個人が国に直接申請して受給できる仕組みだが、野村総合研究所が昨年12月に実施した調査では、対象となる人の約6割が「全く知らず」、2割超が「よく知らない」と答えていた。

     1月21日時点での支給実績は636億円で、総予算5442億円からすると1割強しか執行されていない。インターネット上でも「ほとんど知られていない」「利用されていない」との指摘が相次いでいた。予算委員会での答弁は以下の通り。

    ●谷合正明議員(公明党

     休業手当について当事者に周知されていない。シフト減少でも申請可能であるという周知徹底を事業主、労働者双方にしていくべき。この徹底がされていなかったことを鑑みて、1月末に来る分の申請期限を3月末まで延長すべきではないか。厚労大臣の決断をお願いしたい。

    ●田村憲久厚生労働大臣

     シフト等の方々、非正規の中でも運用が難しい方々には周知されていなかった。休業支援金の対象にならないと受け取る事業者が多かった。それに対してきめ細かく周知をしている。12月に1月末まで延長したが、昨日もそういう意見があった。総理とも相談したが、まだ十分に周知されていない部分もあるので、延長の方向で検討したい。

    支給が予算の1割程度(立憲民主党のTwitterより)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【対象者のほとんどが知らない!? 政府の「休業支援金」、1月末の申請期限が延長へ 総予算5440億円のうち執行率わずか1割】の続きを読む

    このページのトップヘ