令和の社会・ニュース通信所

社会の出来事やニュースなどをブログに書いて発信していきます。あと、海外のニュースなども書いていきます。

    2021年01月



    (出典 jbpress.ismcdn.jp)


    日本国内を分析して判断している。

    1 ごまカンパチ ★ :2021/01/30(土) 21:23:54.88

    https://news.yahoo.co.jp/articles/373d19933a9e90f54beb55745a13d8b7b3b3712b
    ■ 「ヨシ・ジョー」関係で有頂天の菅首相
    ※略

    大統領に限らず、米国人が初対面の時に「Call me John, I will call you Jim」と言うのは名刺代わりの挨拶のようなもの。
    よほど相手に対して敵意を抱いていない限りだが、そのこと自体、あまり深い意味はない。
    ※略

    実は、尖閣防衛については、菅首相がバイデン氏の当選が事実上確定した昨年11月12日に電話した時もバイデン氏の口をついて出た。
    菅首相は、12月19日、東京都内で行った講演で、初めての電話会談で先方から(尖閣防衛について)言及があり、正直、想定もしていなかった」と述べている。
    これについて米国務省関係者の一人はこうコメントしている。
    「第5条の適用範囲に尖閣防衛が含まれているという見解は、1990年代から密やかに、2000年代前半のジョージ・W・ブッシュ政権以降は公けになっている」
    「閣僚レベルではっきりと明言したのバラク・オバマ政権のヒラリー・クリントン国務長官(当時)から。歴代大統領ではオバマ氏が2014年4月に初めて公言している」
    「それ以後、尖閣防衛は米政府の対日防衛コミットメントの『代名詞』のように使われてきた」
    ※略
    「バイデン氏は日本人が何を言われると嬉しいか熟知している」

    ■ 「ヨシヒデ・スガはすでに落第」
    その菅首相を米国はどう見ているのか。あまり芳しくない。
    「日本の首相、ヨシヒデ・スガはすでに落第」
    米メディアで先陣を切ってそう書いたのは、日本在住の米人ジャーナリスト、ジェイク・エーデルスタイン氏だ。
    ※略

    なぜ菅首相は落第なのか。エーデルスタイン氏はこう書いている。
    「自民党内の裏取引で安倍晋三氏の後継者になった菅氏は、貧しいイチゴ栽培農家の出(実はそんな貧しい家ではなかった)ということで
    就任直後には大衆政治家とのお墨付きを得て世論調査では70%の支持率を得てスタートした」
    「ところが就任100日を経ずして支持率は38%へと急落。日本学術会議の学者6人の任命拒否やパンデミックさなかの強引な『Gotoトラベル』固執などが奈落の底に落ちた主因だった」
    「自分に逆らったり反対する者への寛大さがないことや思い上がりが露呈して、国民の顰蹙(ひんしゅく)をかったのだ」
    「所詮、史上最長期政権を誇った安倍氏を『頭脳』とすれば、菅氏はその安倍氏の『筋肉』でしかなかった」
    ※略

    その菅首相とバイデン大統領はどう付き合っていくべきか。
    東アジア外交、安全保障問題では高い評価を得ている「パシフィックフォーラムCSIS」所長のブラッド・グローサーマン博士(現在多摩大学「ルール形成戦略研究所客員教授)が
    1月26日、論文を発表した。
    ※略

    グローサーマン博士の論旨はこうだ。
    「せっかく安倍氏が国家ビジョンとそれを政策として実現してきた日本だが、安倍路線を継承すると約束して登場した菅首相は、
    ビジョンのなさと外交経験のなさゆえに約束を反故にしている。今日本にとって最大の問題は強力なリーダーシップの欠如だ」
    「菅氏の頭の中に今あるのは東京五輪開催と新型コロナウイルス感染拡大阻止だけ」
    ※略

    「日本は(※略)『国家安全保障戦略』を2021年に改定する予定だというが、米新政権との戦略的パートナーシップを深化させる絶好の材料だった」
    「バイデン政権にとっては、新たな対中戦略をスタートさせるうえで自信に満ちた日本の積極外交が必要だったからだ」
    「ところが安倍氏から菅氏への『選手交代』で状況は一変してしまった」
    「脆くて弱い首相の登場は、自民党内の派閥の領袖たちを勢いづけ、政策決定で大きな役割を与えてしまっている」
    「日本の外交・安保政策の最重要な柱である対中政策決定では、対中軟弱派の二階俊博・自民党幹事長が絶対的な力を持っている」
    ※略

    日米軍事関係筋は筆者にこうコメントしている。
    「今バイデン政権が最大関心を払っているのは、台湾海峡での中国の動きであり、台湾有事の可能性だ」
    「米国が尖閣諸島防衛をしきりに持ち出すのも、同諸島海域が実は中国海軍が台湾に攻め入る絶好のルートになっているからでもある」
    「米軍が尖閣防衛出動する時は、当然、自衛隊との『日米統合機動展開部隊』での出動になる」
    「(尖閣防衛について)『先方から持ち出すとは想定していなかった』などと嘯(うそぶ)くこと自体、総理大臣としての素質を疑われても仕方ないのではないのか」
    ※略


    【バイデン大統領、菅外交に強い不満と警戒心 (JBpress)】の続きを読む



    (出典 assets.media-platform.com)


    韓国は頑張って、世界に認められた。日本のインスタントラーメンにとってみれば、脅威になります。

    1 ニライカナイφ ★ :2021/01/30(土) 20:41:11.88

    ☆ 韓国のことわざ「ただの物は苦くても甘い」

    ◆ 韓国の辛ラーメン、世界の人々の一食に定着

    インスタグラムで#KoreanRamyun (Ramen)、#ShinRamyunのハッシュタグ検索をすれば、世界各地で辛ラーメンなど韓国のインスタントラーメンを楽しむ姿が10万件近く出てくる。単純に韓国のインスタントラーメンを食べてみたというレベルを越え、卵やギョーザ、海産物など各自の好みに合わせて材料を加えた写真と映像が多い。海外での生活や旅行中になつかしい故郷の味を思い出させた韓国のインスタントラーメンが、今では世界の人々が楽しむメニューとして定着しているということだ。

    こうした人気を受け、韓国のインスタントラーメンの海外販売量も急増している。最近の農林畜産食品部の発表によると、昨年の韓国のインスタントラーメン輸出額は前年比で29.3%増えて6億ドルを超えた。人気の秘訣は「簡単」と「味」だ。家庭で簡単に食事を解決することを望む消費トレンドと、熱湯さえあればすぐに作ることができる手軽さが合致したのだ。特に韓国インスタントラーメンはスープの深みや麺のコシ、具の味や品質などで日本や中国を抑え「世界最高のラーメン」として認められている。

    人気ブランドには断然「農心(ノンシム)辛ラーメン」が挙げられる。「辛ラーメン*」は昨年、ニューヨークタイムズで世界最高のインスタントラーメンに選ばれた。米ロサンゼルス工場の生産ラインをフル稼働している農心は、今年末までに第2工場の設立を終える計画だ。


    (出典 s.japanese.joins.com)

    https://s.japanese.joins.com/JArticle/275005?servcode=300§code=300

    ■ 前スレ(1の立った日時:2021/01/30(土) 19:20:20.67)
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1612002020/


    【【韓国メディア】韓国のインスタントラーメンはスープの深みや麺のコシ、具の味や品質などで日本や中国を抑え「世界一」】の続きを読む



    (出典 www.nippon.com)


    格差社会で大学受験もかなりのハードになっているからそう考える人もいるでしょう。

    1 ニライカナイφ ★ :2021/01/30(土) 19:08:23.26

    ☆ 韓国のことわざ「弟の死は肥やし」

    ◆ 【生まれ変わるなら】「韓国より日本」と考える韓国人が多いのはなぜ? 韓国ネットユーザーの考えは…

    2021年1月26日、韓国のインターネット上でこのほど「生まれ変わるなら日本に生まれたいという韓国人が意外にも多い」と題したスレッドが話題となっている。

    スレッド主は、ネット上で行われたアンケートで「生まれ変わるなら韓国VS日本のどちらで生まれたい?」との質問に対し圧倒的に「日本」との回答が多かったことを紹介。

    その上で「少し意外だった。あんなに反日運動をして日本を批判しているのに、住みたいところは日本なのか?不思議だ」としてその理由を問い掛けている。

    これに対し、他のネットユーザーから最も多く挙げられている理由は韓国の「徴兵制度」。

    「軍隊が大きい」
    「男性はみんな日本を選ぶ」
    「軍隊、北朝鮮の脅威を考えたら当然だよ」
    「若い時の2年は大きい」

    などの声が見られた。その他

    「就職問題を考えたら日本の方が楽そう」
    「おいしいお酒がたくさんある日本に生まれたい」
    「身長が低くても女の子にモテるから」
    「反日の対象は日本の政治家であり、一般人じゃない」
    「愛国心を捨てたら日本」
    「韓国での人生はもう十分。次は違う国を生きてみたい」
    「自分が日本国民なら韓国に生まれたいと思うか?」
    「韓国に生まれたから反日運動をするのであって、もともと日本に生まれるのならそれは問題にならない。韓国国民にどちらに生まれたいか聞いたら、おそらく2対8で日本の勝利だ」
    「どっちに生まれてもお金さえあれば勝ち組。なければ地獄」

    などの声も見られた。

    https://www.recordchina.co.jp/b869729-s0-c60-d0058.html


    【【韓国】「生まれ変わるなら日本」と考える韓国人が多いのはなぜ?⇒「徴兵制が無い」「逆に韓国人に生まれたいという日本人はいるのか」】の続きを読む



    (出典 news.tv-asahi.co.jp)


    危機的状況は変わらないですから、そうなるでしょう。

     政府は、来月7日に期限を迎える緊急事態宣言を延長する方向で調整に入った。延長幅は1カ月程度を検討している。

    【映像】緊急事態宣言、1カ月程度延長で調整

     政府が緊急事態宣言を再発出してから3週間が経ち、対象となっている11の都府県では、新規の感染者数は減少傾向を見せている。しかし、西村経済再生担当大臣は「引き続き医療提供体制に大きな負荷がかかっている」とし、夜間の外出自粛や会食の制限などを続ける必要があるとの認識を示した。

     政府は来週、諮問委員会を開催し、専門家の意見を踏まえた上で緊急事態宣言の延長を最終判断する。延長幅は2月末までや3月7日までの案が検討されている。

     また、感染状況が落ち着きつつある栃木県などについては、解除を検討している。
    ANNニュース
     
    緊急事態宣言、1カ月程度延長で調整


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【緊急事態宣言、1カ月程度延長で調整】の続きを読む



    (出典 static.tokyo-np.co.jp)


    五輪が「無観客」になるのもやむ得ないかもしれません。

    1 頭皮ちゃん ★ :2021/01/30(土) 11:04:49.14

     政府は、今夏の東京五輪・パラリンピックについて、大会組織委員会や東京都が無観客での開催を決断した場合、容認する方針だ。新型コロナウイルス感染拡大で開催に懐疑的な見方が広がる中、大会中止を避けることを最優先する。

    「(無観客は)基本的にしたくないが、それも考えないとシミュレーションにならない」。組織委の森喜朗会長が28日、無観客での開催も選択肢としていることを記者団に明*と、加藤勝信官房長官は翌29日の記者会見で「いろいろなケースを想定してやっている」と足並みをそろえた。
     政府は、東京五輪を経済再生の起爆剤と位置付け、これまで観客の受け入れを前提に準備を進めてきた。菅義偉首相は昨年11月、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長と会談した際、こうした決意を伝達。政府高官も「無観客はない」と再三強調していた。
     ところが、国内の新型コロナの感染状況は昨年末以降、急速に悪化。今月7日に緊急事態宣言が再発令されると、海外メディアなどで東京五輪の中止論が相次ぐなど、国内外を問わず大会実現への不安が広がっている。
     こうした状況を踏まえ、政府は無観客もやむを得ないとの判断に傾きつつある。政府高官は「決めるのは組織委と都だ。国がいろいろ支援することはある」と、観客の有無にこだわらない姿勢を示す。
     その一方で、開催自体は譲らない構えだ。首相は29日、世界経済フォーラムのオンライン会合で、東京五輪を「新型コロナに打ち勝った証し」とする考えを改めて強調。中止の判断は、政府の新型コロナ対策の「失敗」を認めることになり、是が非でも避けたいのが本音だ。
     政府は、感染阻止の「切り札」と期待するワクチン接種について、まず医療従事者を対象に2月下旬から始める方針。全国民に行き渡る時期は不透明だが、閣僚の一人は「ワクチンなしでも五輪を行う」と明言した。

    https://www.jiji.com/jc/article?k=2021012901294


    【【五輪】五輪「無観客」も容認 政府、中止回避を最優先】の続きを読む

    このページのトップヘ