令和の社会・ニュース通信所

社会の出来事やニュースなどをブログに書いて発信していきます。あと、海外のニュースなども書いていきます。

    2020年12月


    三輪自動車が作られるようになった。この種の車両は、20世紀初頭から世界各国で自然発生的に出現している。日本でもオート三輪は第一次世界大戦後に発生し、当時の国情に合致したことから独特の発展を遂げ、世界的に類を見ない形態に進化した。 さらに後の四輪自動車主流の時代になると、自動車
    27キロバイト (3,794 語) - 2020年9月3日 (木) 18:56



    (出典 i.pinimg.com)


    今の日本の道路には的さないのかな。

    かつて日本を駆け回っていた三輪自動車! なぜ現代では「消えて」しまったのか?

    自動車メーカーとして初めて製造されたのは約90年前にさかのぼる

     そういえば、最近すっかり三輪自動車の姿を見なくなった。

     第二次世界大戦後、全国の街中で数多く走っていた三輪の自動車。2人乗りの小さなサイズから、中大型のトラックまで、さまざまな種類があった。

     どうして姿を消してしまったのだろうか?

     当時の事情を知るため、いくつかの資料を紐解いてみよう。

     まずは、マツダ2020年1月の創業100周年を記念して編纂している100年史(社史)の第一弾である、「マツダ 100エピソード」集から見ていこう。

     マツダ(当時・東洋工業)が自動車メーカーとして初めて製造・販売したのが、1931年(昭和6年)発表の三輪トラックマツダ号・DA型」だ。

    三輪自動車はなぜ姿を消したのか?

    マツダ100エピソード」によると、この当時ですでに日本の街中には三輪自動車が多く走っていて、マツダの競合は15社ほどいたという。そのほとんどが海外製パーツを流用して自動二輪車を改造したものだった。

     そこでマツダは純国産にこだわって、貨物輸送の新しい道を開拓したのだ。

     時は流れて1950年、登場した「CT型」は業界初の最大積載量1トン越えを実現した。目的は、あくまでも貨物トラックであるため、積載量を増えることが商品性を高める最大の方法だった。

     筆者の記憶では、高度成長期初期のマツダといえば「オート三輪(三輪トラック)」というイメージが強かった。

     次に、2007年100周年を迎えた、ダイハツ工業100年史「道を拓く」を見てみよう。

     それによると、ダイハツ第二次世界大戦の終戦後、戦前から行っていた三輪トラック事業を再開した。復興期の自動車産業は貨物トラックが主体で乗用車の比率は低かった。

     そのなかで、三輪トラックは事業者のニーズに対応してモデルの多様化が進み、大型化路線が過熱する。そうなると、小型四輪トラックと価格や性能面での差別化が難しくなっていったという。

     そこで、発想を大きく転換して、ダイハツは小型三輪トラックを発案した。それが、あの「ミゼット」だ。

    三輪自動車はなぜ姿を消したのか?

     試作車のボディ寸法は全長2540mm×全幅1200mm×全高1500mm、エンジン240㏄・8馬力だった。量産初期型は249㏄、後期型は305㏄となった。初期型のキャッチコピーは裏通りもスイスイ走るイメージ「街のヘリコプター」だった。

     昭和30年代中盤になると、ミゼットから軽四輪ピックアップトラックとして登場した「ハイゼット」の需要が伸びていった。

     また、海外に目を向けると、いまでもタイのトゥクトゥクなど東南アジア南アジアで小型タクシーとして三輪自動車は活用されている。

     その他、イタリアなど欧州の一部でも小型商用車として三輪自動車が生産されており、EV(電気自動車)仕様も販売されている。

    三輪自動車はなぜ姿を消したのか?

    三輪自動車はなぜ姿を消したのか?

    かつて日本を駆け回っていた三輪自動車! なぜ現代では「消えて」しまったのか?


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【かつて日本を駆け回っていた三輪自動車! なぜ現代では「消えて」しまったのか?】の続きを読む



    (出典 next.rikunabi.com)


    いろんな考え方があります。

    睡眠時間を削って、仕事や勉強をこなす人がいる。中には徹夜したことを、自慢してくる人がいるから厄介なものだ。


    画像をもっと見る

    ■4人に1人が「寝てない自慢にイラッ」

    しらべぇ編集部では全国10〜60代の男女1,844名を対象に調査したところ、全体の26.7%が「『寝てない自慢』にイラッとした経験がある」と回答した。

    寝てない自慢にイラッとした経験があるグラフ


    関連記事:10代の3割が芸能人の筋トレ動画に挑戦 武田真治やローラなど

    ■仕事や勉強で寝ずに

    性年代別では、多くの年代で男性よりも女性の割合が高くなっている。

    寝てない自慢にイラッとした経験がある性年代別グラフ

    仕事や勉強で徹夜した人に、自慢されることが多いようだ。

    「会社の先輩に、『仕事を家に持ち帰って明け方までこなしていた』と自慢されたことがある。『同じようにがんばれ』と言われているようで、かなり嫌な気持ちになった」(20代・女性)


    「学生時代に、テスト勉強を寝ないでがんばったと何度も言ってくる友達がいた。土壇場になって慌てて徹夜するよりも、日頃からきちんと勉強しているほうが偉いのに」(20代・女性)


    ■遊びの徹夜まで

    慣れないことをしたため、周囲に言いふらしたいのだろう。

    「頻繁に深夜まで起きている人は、寝てない自慢などしないと思う。いつもは普通に寝ているからこそ、寝ていないことがめずらしくてつい自慢げに話してしまうのだろうな」(30代・男性)


    遊びで徹夜したことを、自慢してくる人までいるようだ。

    「勉強や仕事で徹夜したのであれば、少し自慢したくなる気持ちもわかる。わからないのは、遊びでのオールを自慢してくる人。それだけ元気だって、言いふらしたいのかな」(20代・男性)


    ■寝てない自慢は時代錯誤

    働き方改革が叫ばれる中、「寝てない自慢」は時代錯誤だという。

    「昔は寝る間を惜しんで働くことが美徳とされたかもしれないけれど、働き方改革がこれだけ言われている。徹夜して仕事をこなすことは、批判の対象にしかならないと思う」(40代・男性)


    「寝ないで仕事しても、あまりはかどらない気がする。しっかりと寝て効率的にこなすことこそ、これからの時代は求められると思う」(30代・男性)


    たとえ寝ていなくても、あまり自慢しないほうがいいだろう。

    ・合わせて読みたい→『ニノさん』二宮和也、楽屋での格好が話題 「完全に小学生」とファンあ然

    (取材・文/しらべぇ編集部・ニャック

    【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2020年9月18日2020年9月23日
    対象:全国10代~60代の男女1,844名 (有効回答数)

    10代女性の4割が「寝てない自慢」にイラッ 働き方改革が進む中なのに


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【10代女性の4割が「寝てない自慢」にイラッ 働き方改革が進む中なのに】の続きを読む

    このページのトップヘ