令和の社会・ニュース通信所

社会の出来事やニュースなどをブログに書いて発信していきます。あと、海外のニュースなども書いていきます。

    2020年11月



    (出典 bunshun.ismcdn.jp)


    結婚するのかな?

    1 potato ★ :2020/11/30(月) 10:50:08.48

    秋篠宮さま 眞子さまと小室さん「結婚することを認める」

    皇位継承順位1位の「皇嗣」の秋篠宮さまは、30日、55歳の誕生日を迎えられました。これを前に、記者会見に臨んだ秋篠宮さまは、眞子さまと小室さんについて「結婚することを認める」と述べられました。

    秋篠宮さまは、誕生日を前に、お住まいのある赤坂御用地で記者会見に臨まれました。

    この中で秋篠宮さまは、今月8日の「立皇嗣の礼」を振り返り、「昨年から行われていた即位礼関連の一連の儀式が終了したことに安堵しております」などと話し、「皇嗣」となった心構えについて、「以前と変わらず一つ一つのことを大切に務めていきたい」と述べられました。

    感染拡大によって始めたオンラインでの活動について尋ねられると、秋篠宮さまは、「有効な手段だと思いますし、顔が見えてお互いにやり取りをすることができるというのは、非常に便利であると考えます」と語る一方で、「対面で話すのとは少し違う、難しさを感じることはあります」と話されました。

    そして、人々と直接触れ合う機会が減る中での皇室の果たす役割について、「非常に困難な状況にある人、そしてその人たちを支援している人たち、そのことをできる限り理解することに努め、心を寄せていくことではないかなと思います」と述べられました。

    一方、秋篠宮さまは、長女の眞子さまと、婚約が内定している小室圭さんの結婚に関する質問にもこたえられました。

    眞子さまが、今月、小室さんとの結婚について文書でお気持ちをあらわされた際、秋篠宮ご夫妻が二人の気持ちを尊重されたと側近が説明したことについて、秋篠宮さまは、「それは結婚することを認めるということです」と述べられました。

    そして、「憲法にも結婚は両性の合意のみに基づいてというのがあります。本人たちが本当にそういう気持ちであれば、親としてはそれを尊重するべきものだというふうに考えています」と続け、今後のスケジュールについては、「これから考えていくということになると思います」と述べられました。

    眞子さまと小室さんの婚約内定をめぐっては、小室さんの母親の金銭トラブルなどが週刊誌などで相次いで報じられていて、秋篠宮さまは、「感じとしては決して多くの人が納得し喜んでくれている状況ではないというふうに思っています。娘も恐らく同じ気持ちを持っていると考えております」と話されました。

    そして、小室さん側が全く対応していないわけではないとしながらも、それが見える形になることが必要だとし、「実際に結婚するという段階になったら、今までの経緯も含めてきちんと話すということは、大事なことだと思っています」と述べられました。

    2020年11月30日 2時03分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201130/k10012737451000.html

    (出典 www3.nhk.or.jp)


    ★1が立った時間 2020/11/30(月) 00:09:15.89
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1606696479/


    【【皇室】秋篠宮皇嗣殿下、長女・眞子内親王殿下と小室圭さんの「結婚を認める」とご発言】の続きを読む



    (出典 hakensales.tokyo)


    格差がある。

    なんで……!?

    なんで……!?

    派遣社員ライフスタイルに合わせて働ける一方、正社員との待遇差が否めないことは、たびたび取り上げられる。キャリコネニュースにも、派遣社員の読者から不安や不満の声が寄せられている。

    「お給料が安い。有給や休暇が取得しづらい。売上が下がると派遣切りされて、雇用が安定していない」(神奈川県/40代女性/年収300万円
    「労働と賃金が見合わないです。 節約で家計が赤字にならないようにしています」(広島県/40代男性/年収150万円)

    正社員に比べそもそもの給料が低いことや、いつ契約を切られるか分からない不安もあることが、派遣社員の悩みの種のようだ。(文:コティマム)

    「収入が安定しないため、現状を何とかするだけで精一杯」

    正社員との給料の差や労働環境の違いに、歯痒い思いをしている派遣社員は多い。大阪府の年収200万円の40代女性は、「収入が安定しないため、現状を何とかするだけで精一杯。将来が考えられない」と不安な気持ちを吐露している。

    静岡県の40代女性は、年収250万円の派遣社員恵まれた立場の正社員が不満を漏らすことに、苛立ちを感じている。

    「正社員は、毎月の時間外労働が45時間を超える・超えないで大騒ぎしていますが、派遣社員は時間外なしです。緊急事態宣言時、派遣は在宅勤務できず休業になりました。補償はありましたが時給の6割です。また正社員は年収750万円位ありますが、派遣社員240万円程度。ある程度のレベルの仕事を求められますが、正社員の待遇を聞くとバカバカしいと感じます。事務で年収750万円ならば、かなりの高待遇に思いますが、正社員は『手当が少ない』と不満を漏らします」

    同じ仕事をしているにもかかわらず、派遣社員の3倍の給料を得る正社員。正社員になったからこその恩恵ではあるが、恵まれた待遇に不平不満を言う正社員に対し、女性は複雑な思いがあるようだ。

    体調の悪い正社員はテレワーク「僕は、体調が悪ければ当然休みになる」

    年収350万円の派遣社員、都内在住の40代男性も、正社員との待遇差に苛立ちを覚える。

    「正社員はテレワークを自分で選択でき、柔軟に働いています。正社員無料のインフルエンザ予防接種の時には、日頃ほとんど出社をしていない正社員たちが殺到し、新型コロナウイルス流行前のような出社率でした。自分には週1回のテレワークも許可されないのに『体調が悪いのでテレワークにします』なんて連絡があると、違和感しかありません。僕は、体調が悪ければ、当然休みになるわけですから」

    派遣社員の男性はテレワークが許されないばかりか、万が一体調が悪い場合は休みとなり、その日の報酬はゼロになってしまう。男性は正社員をうらやむ気持ちがあるものの、その差が改善されないことも感じている。

    「何を要望しても正社員との差は埋まりませんね。正社員から『明日はテレワークなので引き継いで貰えますか?』なんて言われたら、気持ちも良くないです。『本日出社しています』なんて言われたら、『僕は本日”も”出社しています』と言いたくなります」

    ライフスタイルや環境の変化などのさまざまな理由から、働き方の選択肢のひとつとして挙げられる派遣社員。しかし「派遣社員と正社員との待遇差」は確かに存在するため「派遣社員として働くメリット」をしっかり把握したうえで選択する必要があるだろう。

    ※キャリコネニュースでは引き続き派遣社員の不満「年末年始は義実家に帰省しますか?」に関するアンケートを募集しています。

    派遣社員が感じる苛立ち「正社員は年収750万円、派遣は240万円。バカバカしくなります」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【派遣社員が感じる苛立ち「正社員は年収750万円、派遣は240万円。バカバカしくなります」】の続きを読む



    (出典 image.news.livedoor.com)


    批判されている。

    1 首都圏の虎 ★ :2020/11/29(日) 11:20:39.38

     茂木敏充外相は、中国の王毅国務委員兼外相の沖縄県・尖閣諸島をめぐる暴言に毅然(きぜん)たる態度を見せなかったと批判されている問題について、24日の共同記者発表の直後、再開した会談の中で反論したと明かした。「わが国の立場、考え方を改めて強調した」と27日の記者会見で述べた。

     共同記者発表は1回目の会談後に行われ、王氏は茂木氏の後に発言した。

     その場で反論しなかった理由に関し茂木氏は「記者発表は会談の概要について、それぞれ1度ずつ発言するルールだったためだ」と説明した。

     一方、茂木外相のフェイスブック(FB)は炎上している。

     茂木氏は24日夜、自身のFB上で外相会談の報告、王氏と握手代わりの“肘タッチ”を笑顔で交わす写真をアップした。FBは5000人以上のフォロワーを抱える人気だが、300人近いコメントの大半が批判で埋め尽くされた。

     「茂木外相は三島(由紀夫)が予言した腑抜けな日本の象徴だ」「何ヘラヘラしているのですか?」「一体どこの国の大臣?」「王毅外相に言われたい放題」「無能な外務大臣は要らない」「河野太郎さんなら絶対に尖閣の発言は許さなかったし、させなかった」「共同会見で言われっぱなしの茂木外務大臣は更迭を!」など辛辣(しんらつ)な書き込みが連日続いている。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/74c7f55ae6e074a0038c2a7aa0e20e731f707e0a

    ★1が立った時間 2020/11/27(金) 20:05:11.65
    前スレ
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1606586650/


    【茂木外相が“炎上” 中国外相の尖閣めぐる暴言に毅然たる態度見せず 「無能な外務大臣は要らない」「腑抜けな日本の象徴だ」】の続きを読む



    (出典 www3.nhk.or.jp)


    なかなかないことです。

    気象庁気象研究所研究官の荒木健太郎(@arakencloud)さんの投稿に反響が上がっています。

    2020年11月29日、『H2Aロケット43号機』が鹿児島県種子島宇宙センターから打ち上げられる予定です。そのため、荒木さんによると西から東日本ではこのような雲が見られるのだとか。

    見慣れない、不思議な形の雲ですね!

    日没直後の種子島方面の低い空に注目だといいます。夜光雲は地球上で最も高い空の雲だそうです。

    投稿には「楽しみに見てみます!」「以前見たことがあります」「貴重な情報をありがとう」などのコメントが寄せられていました。

    夕方頃、空を見上げて貴重な『夜光雲』を観察してみてはいかがですか。


    [文・構成/grape編集部]

    出典
    @arakencloud


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【11月29日の日没直後の空に注目! ロケットの噴煙で貴重な雲が見られるかも】の続きを読む



    (出典 president.ismcdn.jp)


    経営は厳しいですから、そうなるのかな。

    1 ばーど ★ :2020/11/29(日) 11:33:56.30

    新型コロナウイルスの感染拡大が続く東京都で28日、感染防止のため酒類を提供する飲食店やカラオケ店などへの
    午後10時までの時短要請が初日を迎えた。

    都の求めに応じる店がある一方で、3度目の時短要請に「もう限界」と応じない店もあった。

    東京都新宿区の「カラオケサロン雅」は27日までは午後11時まで営業していたが、28日から時短要請に従った。
    夫婦で店を経営する森田昭さん(76)は「感染防止を考えると仕方がない」と話す。

    店は最大15人程度が入れる規模で常連客に親しまれてきたが、コロナ禍で客は例年の半分程度。
    毎月、家賃など固定費の支払いに約30万円かかり赤字が続く。

    森田さんは「店の状況は厳しいが、早くコロナが収まってもらいたいので要請には従う。
    でも、このままでは収まりそうにない。また緊急事態宣言を出してもいいのでは、とも思う」と話した。

    町田市のJR町田駅近くにある居酒屋「酒蔵 初孫」も8~9月の2回目の時短要請に続き、今回も要請に応じる。
    代表の高橋英臣さん(52)は「本当は通常営業を続けたいが、従業員やお客さんの健康を考えるとやむを得ない」と複雑な心中を語る。

    平常時も午後11時に閉めるため営業時間は大きく変わらないが、
    「午後10時台は『終電前にもう一杯だけ』という注文が多い時間帯なので、痛手は大きい。
    コロナで減った分は年末に取り返そうという気持ちでやってきたのだが……」と嘆いた。

    一方、「今回応じるつもりはない」と語るのは新橋地区の居酒屋の男性店長(46)。
    過去2回の時短要請には従ったが、経営への打撃は大きく、「12月の繁忙期を逃したら店は年内で確実に潰れる」。

    協力金40万円にも「正直がっかり。そんな金額で持ちこたえられる店がいくつあると思っているのか」と憤る。

    店では除菌力の強い消毒液やおしぼりを使い、換気も頻繁に行うなど感染防止に力を入れている。
    店長は「できる限りの感染予防をして営業を続けるしか道はない」と話した。
    https://mainichi.jp/articles/20201128/k00/00m/040/360000c

    前スレ ★1 11/28(土) 20:11
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1606612939/


    (出典 www.asahicom.jp)


    【【時短要請新橋の居酒屋店長が憤り「応じない。40万円にがっかりだ。そんな金額で持ちこたえられる店いくつあると思っているのか」】の続きを読む

    このページのトップヘ