令和の社会・ニュース通信所

社会の出来事やニュースなどをブログに書いて発信していきます。あと、海外のニュースなども書いていきます。

    2020年10月



    (出典 cf-images.ap-northeast-1.prod.boltdns.net)


    不景気。

    1 雷 ★ :2020/10/29(木) 17:33:17.76

    同じく出向先となる家電量販大手のノジマでは、11月から来春にかけて100人程度が横浜市内でコールセンター業務に就く予定。ノジマ広報は「航空は接客レベルが高い業界なのでこちらから声をかけた」と話す。
    https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2010/28/news062.html

    ★1 :2020/10/29(木) 15:39:13.84

    ※前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1603953553/


    【【赤字】ANA社員、ノジマに100人出向へ コールセンター業務】の続きを読む



    (出典 www.nhk.or.jp)


    本当だったら、改革が必要です。

    1 ベクトル空間 ★ :2020/10/28(水) 12:14:16.40

    https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/62690
    (全文はリンク先で)
    日本学術会議は1950年(昭和25年)5月に、時の総理大臣あてに「天皇統治を端的にあら
    わした元号は民主国家にふさわしくない」としてその廃止を申し入れる決議を発表した。当
    時の日本学術会議は同会議の決議として、亀山直人会長の名で時の吉田茂首相らに「元
    号廃止、西暦採用についての申し入れ」を送ったのである。
    その決議には以下の記述があった。
    「法律上からみても元号を維持することは理由がない。現在の天皇がなくなれば、『昭和』の元
    号は消滅し、その後はいかなる元号もなくなるだろう」
    「新憲法の下に天皇主権から人民主権にかわり、日本が新しく民主国家として発足した現在で
    は元号の維持は意味がなく、民主国家の観念にもふさわしくない」
    日本学術会議は、「国民」ではなくあえて「人民」という用語を使っている。こうした明白な政治性
    は過去の話としては済まされない。元号廃止の主張の背後には、明らかに皇室の存在への批判的な態度が浮かぶ。
    日本学術会議は、日本がまだ米軍を主体とする連合国軍総司令部(GHQ)の占領下にあった1949年に設置された。
    そしてその翌年の1950年4月に、軍事関連の科学研究には一切かかわらないという声明を出した。元号の廃止を決
    議したのはその翌月の同年5月だった。
    いずれも70年も前の話であるが、日本学術会議は軍事関連の研究を禁止する「軍事的安全保障のすべての否定
    」という声明を更新し、2017年にその継承を改めて宣言している。元号廃止の主張も、その後に修正したり変更した
    りした記録はみあたらない。日本学術会議の元号廃止の主張は今も生き続けているのである。
    昭和、平成、令和といった元号の使用を止めろという、現在なら過激な決議も、戦後間もない時期には時代の先取
    りと考えられたのかもしれない。ただし問題は、その当時でも、そんな「先取り」に反対する多数の日本国民が厳存したことである。
    また、日本学術会議が当初、追随したGHQも、背後の米国政府も、その後まもなく日本のあり方への基本政策を
    変えていった。朝鮮戦争の勃発や東西冷戦の激化により日本の防衛や軍事への政策を転換し、日本にも自衛だ
    けでなく軍事的な貢献を期待するようになった。日本への不信や敵視を薄めたわけである。対日政策の正常化ともいえよう。
    ところが日本学術会議は当初のGHQ方針を頑なに守るだけでなく、日本国民を「人民」と呼び、元号の廃止を求
    めるという当時の共産主義陣営に共鳴するような主張を強めていった。
    この流れは、日本学術会議の多数の旧会員、現会員が多様な形で日本共産党との連携を続けている事実にも
    うかがわれる。その結果、同会議は現代の米国の政策とはかけ離れた地点にまで走っていった。この点は歴史の皮肉ともいえようか。

    いずれにしてもいまの日本学術会議のあり方の論議では、この組織の特殊な出自や政治活動歴の検証も欠かせないのである。


    (出典 www.asahicom.jp)


    【【偏り】 「元号廃止」 「国民ではなく人民」 今も続く学術会議の主張 共産主義への共鳴】の続きを読む



    (出典 news.biglobe.ne.jp)


    打撃は大きい。

    1 首都圏の虎 ★ :2020/10/29(木) 10:21:18.16

    [28日 ロイター] - トヨタ自動車<7203.T>は28日、燃料ポンプの不具合が原因のリコール(回収・無償の改修)について、米国で新たに152万台を対象に加えたと発表した。これで全世界でのリコール対象台数が584万台に拡大した。

    リコールが最初に発表されたのは1月で、2017年7月と今年9月の間に製造された多数の車種が対象となっている。

    トヨタによると、燃料ポンプが作動不良となり、走行中エンストを起こし、再びエンジンがかからなくなる恐れがあるという。ディーラーが改良された燃料ポンプとの交換を行う。

    対象車種は2013─15年型のレクサス「LS460」と「GS350」、17─19年型の「ハイランダー」、17─20年型の「シエナ」とレクサス「RX350」、18─20年型の「アバロン」、「カムリ」、「カローラ」など。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/487ab49bda0f7eb4c3b6e7eb5f415edb271caa28


    【【トヨタ】リコール584万台に拡大 燃料ポンプ不具合で】の続きを読む



    (出典 n-u.jp)


    こたつが世界に広まっているのかな?

    1 どこさ ★ :2020/10/29(木) 07:56:51.77

    コロナ第3波で冬を迎える米国、シカゴの飲食店ではこたつが救世主に?
    NEWSWEEK 2020年10月28日(水)17時00分松丸さとみ
    https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2020/10/3-228_2.php
    ねこ動画

    (出典 Youtube)


    https://www.newsweekjapan.jp/stories/assets_c/2020/10/iSto*-188016578-thumb-720xauto-220952.jpg
    企画提案者も、日本の冬の体験が忘れられなかった...... SmokedSalmon-iSto*


    (出典 www.newsweekjapan.jp)



    <外食産業を新型コロナからなんとか守るため、
     飲食店で屋外での食事をいかに楽しむかというアイデアを募集。
     日本のこたつ案が入賞した......>

    ■寒さの厳しいシカゴ、コロナ対策として屋外での食事を模索

    (略)
    このような状況の中、
    冬はマイナスにまで気温が下がるイリノイ州シカゴでは、
    外食産業を新型コロナからなんとか守るため、
    「ウィンター・デザイン・チャレンジ」を開催した。
    冬のシカゴでいかにして、
    飲食店で屋外での食事を楽しむかというアイデアを募集したのだ。
    (略)

    ■日本で暮らした経験からこたつを提案

    (略)

    ■冬のシカゴ、こたつで食事がもうすぐ実現

    ヘンダーソンさん以外では、
    アトランタに拠点を置くデザイン会社ASD | SKYの提案による
    「Cozy Cabin」(快適なキャビン)と、
    デザイナーでありノースウェスタン大学で非常勤教授も務める
    ニール・ラインデルさんの
    「Blo* Party」(ブロック・パーティ)が入賞した。

    「Cozy Cabin」は、通常の駐車場に展開できる、
    モジュール組み立て式の小型キャビンで、
    穴釣りの際に使われる小屋をイメージしたという。
    「Blo* Party」は、四角い枠型をした2人用のブロック型モジュールを基本として、
    これをつなげることで対応人数を増やせるというものだ。

    受賞者3人には、賞金5000ドル(約52万1000円)が授与される。
    この後、イリノイ・レストラン協会が地元の建築業者を使い、
    入賞した作品が実際の形になった「プロトタイプ」を作成する。
    出来上がったプロトタイプは、シカゴを拠点とするBMOハリス銀行の資金提供により、
    シカゴの一部飲食店で今後数週間にわたりテストされる。
    つまりこの冬はシカゴで、
    こたつで暖を取りながら食事をする人たちの姿が見られることになる。

    シカゴ市では今回、「ウィンター・デザイン・チャレンジ」に合わせ、
    フードデリバリーサービス企業ドアダッシュからの資金援助を取り付け、
    飲食店が防寒対策を施せるよう1店舗当たり5000ドルの助成金を用意した。
    この助成金は、暖房設備の改善や顧客用のひざ掛けを大量購入するなど
    屋外での食事に向けた設備拡充の他、
    エア・フィルター・システムの改善といった屋内で食事をする場合の
    コロナ感染対策にも使用することができる。


    【【ねこ】コロナ第3波で冬を迎える米国、シカゴの飲食店ではこたつが救世主に?床に座る異文化体験 コターツテイボー】の続きを読む



    (出典 afpbb.ismcdn.jp)


    きき

    1 影のたけし軍団 ★ :2020/10/29(木) 08:40:35.59

    新型コロナウイルス感染の第2波が深刻なフランスで28日、マクロン大統領が全国規模での外出制限を行うと発表しました。

    外出制限はフランス全土で30日から始まり、少なくとも12月1日まで行われます。外出には証明書が必要になり、
    通勤や通院などを除く不要不急の外出が禁止されます。

    生活必需品を扱う店以外の商店は閉鎖され、飲食店の営業は、持ち帰りとデリバリーに限られます。
    地方をまたぐ移動もできないということです。

    フランスでは25日に新規の感染者が5万人を超えるなど感染拡大に歯止めがかからず、
    マクロン大統領は「最悪の予測でも想定していなかった速さでウイルスが蔓延している」と危機感を示しました。

    その上で、「感染の第2波では、第1波よりも死者が多くなるだろう」と警鐘を鳴らしました。
    https://www.news24.jp/articles/2020/10/29/10750633.html


    【【フランス】 マクロン大統領 「想定していなかった速さでウイルスが蔓延している。 第2波では、第1波よりも死者が多くなるだろう」】の続きを読む

    このページのトップヘ