令和の社会・ニュース通信所

社会の出来事やニュースなどをブログに書いて発信していきます。あと、海外のニュースなども書いていきます。

    2020年09月



    (出典 sn-jp.com)


    日韓の問題を世界に持ち込む韓国。


    2020年9月29日、日本政府がドイツベルリンに最近設置された元慰安婦を象徴する「平和の少女像」の撤去を要求するとの考えを示した。
    加藤勝信官房長官は同日の定例会見で、少女像の設置について「極めて残念」とし、「撤去に向けてさまざまな関係者にアプローチし、日本の立場を説明するなど働きかけたい」との考えを示した。
    日本政府は15年末の慰安婦問題をめぐる日韓合意を通じて韓国側が「慰安婦問題の最終的かつ不可逆的な解決」を確認した上、駐韓日本大使館前に設置された少女像を「適切に解決するため努力する」と約束したことを理由に少女像の撤去を求めてきた。加藤官房長官の今回の発言も、日本政府のこの立場を再確認したものだ。
    かしこれに韓国のネットユーザーからは「慰安婦の歴史は認めないのに遺憾表明だけは積極的にするんだね」「遺憾表明をする時間に心からの謝罪をして」「少女像を見て過去を反省するべき人が遺憾?」「これが歴史先進国ドイツ後進国の日本の違いだ」など批判の声が続出している。
    ベルリンのミッテ区では28日(現地時間)、現地の韓国系市民団体「コリア協議会」により少女像の除幕式が行われた。ドイツに少女像が設置されるのは、南部ヴィーゼントの私有地であるネパール・ヒマラヤパビリオン公園(17年)、フランクフルトの韓人教会(19年)に続いて3カ所目となるが、私有地ではなく市が管理する公有地に設置されたのは今回が初めてのこと。
    韓国・聯合ニュースによると、コリア協議会は過去の教訓を生かして日本の介入を阻止するため、設置計画が外部に流出しないよう注意を払っていたという。ベルリン北部ブランデンブルク州のラーフェンスブリュック強制収容所記念館では昨年、高さ10センチほどの小さな少女像が設置されたが、日本当局の抗議により撤去された。ヴィーゼントの少女像についても、日本が公園側に抗議して撤去を求めたため像の説明が書かれた碑文が撤去されることになったという。(翻訳・編集/堂本

    29日、日本政府がドイツのベルリンに最近設置された元慰安婦を象徴する「平和の少女像」の撤去を要求するとの考えを示した。写真はベルリン。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【ベルリンの慰安婦像に遺憾表明の日本政府、韓国ネットから批判続出=過去には撤去のケースも】の続きを読む



    (出典 afpbb.ismcdn.jp)


    弾圧の激しさが増している。

    1 どこさ ★ :2020/09/28(月) 19:59:26.97

    中国、新疆で1万6000のモスクを破壊 豪シンクタンク
    AFP 2020年9月26日 15:28 発信地:北京/中国 [ 中国 中国・台湾 オーストラリア アジア・オセアニア ]
    https://www.afpbb.com/articles/-/3306607


    (出典 afpbb.ismcdn.jp)

    中国・新疆ウイグル自治区ホータンのかつてモスクがあった空き地
    (2019年5月30日撮影)。(c)GREG BAKER / AFP

    (出典 afpbb.ismcdn.jp)

    中国新疆ウイグル自治区シャヤールの破壊されたウイグル墓地に残された骨
    (2019年9月12日撮影)。(c)HECTOR RETAMAL / AFP

    (出典 afpbb.ismcdn.jp)

    中国・新疆ウイグル自治区カシュガルにあるモスク
    (2019年6月4日撮影)。(c)GREG BAKER / AFP

    (出典 afpbb.ismcdn.jp)

    中国新疆ウイグル自治区シャヤールで、破壊されたウイグル人墓地
    (2019年9月12日撮影)。(c)HECTOR RETAMAL / AFP

    (出典 afpbb.ismcdn.jp)

    中国・新疆ウイグル自治区クチャ県で、かつて墓地があった公園
    (2019年9月13日撮影)。(c)HECTOR RETAMAL / AFP

    (出典 afpbb.ismcdn.jp)

    中国・新疆ウイグル自治区ホータンのモスクで祈る男性たち
    (2015年4月16日撮影)。(c)GREG BAKER / AFP

    【9月26日 AFP】中国当局が新疆ウイグル自治区(Xinjiang Uighur Autonomous Region)で
    取り壊したモスク(イスラム礼拝所)は約1万6000に上っている。
    オーストラリアのシンクタンクが25日、
    新疆で広範囲に行われている人権侵害についての最新の報告書で発表した。

     豪シンクタンク「オーストラリア戦略政策研究所(ASPI)」は、
    人工衛星が撮影した新疆のモスクの画像と統計モデリングを基にした報告書を発表。
    同報告書によると、これまでに取り壊されたか損傷を受けたモスクは約1万6000に及んでいる。


    関連
    【中国】習氏「中華意識徹底」指示 ウイグル族同化政策 ★3
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1601166368/
    【中国】ウイグル収容施設を拡張か 豪シンクタンク調査
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1601290692/
    【BBC】駐英中国大使、BBC番組でウイグル人の強制収用否定
    証拠ビデオを見せられ「何の映像か分からない」と白を切る 6分13秒★2
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1595296065/
    ウイグル人「強制労働」に日本企業も「加担」…アパレルや電機メーカー ★2
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1598780737/
    【動画】ウイグル族のモデル、中国の収容施設から動画
    巨大建物の鉄格子窓で常時洗脳放送 一日中男悲鳴聞く 投稿途絶える★2
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1596943769/
    【中国】政府はウイグル人の囚人から臓器を摘出し、
    裕福なアラブ人に移植していた (VICEリポート)★3
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1592885474/
    【中国】「臓器狩り」の証拠を弾圧下のウイグル自治区で発見 ★5
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1539103104/


    【【中国】新疆で1万6000のモスクを破壊 豪シンクタンク】の続きを読む



    (出典 news.nifty.com)


    制服も変わってきています。

    1 ばーど ★ :2020/09/29(火) 10:28:04.27

    ジェンダーレス化の進展に合わせ、兵庫県姫路市立山陽中学校(940人)は2021年度、男女ともブレザーとスラックスを標準制服として導入する。同時に選択の幅を確保し、スカートも選べるようにする。男女ともスラックスを標準とするのは県内の公立中学では初めてで、全国的にも珍しいという。28日、同校で新制服の完成発表会があった。

     1947年の開校以来、男子は詰め襟学生服、女子はセーラー服が定着していたが、性別に関係なく学校生活に必要な機能性、安全性を重視し、男女ともスラックスを標準とすることとした。

     制服の見直しは19年5月のPTA総会で提案され、教職員と保護者らでつくる制服検討委員会が同年10月に発足。同年12月には中学1年約320人と、校区内の小学5年の児童、保護者計647人を対象にアンケート調査を実施した。

     アンケートではブレザー型▽スーツ型▽学生服・セーラー服の3タイプから、「どのタイプの制服が良いと思うか」を問い、複数回答の結果、8割以上がブレザー型やスーツ型を選んだ。選択ポイントには「動きやすさ」を挙げた。当事者である中学生からは「男女ともにズボンにしてくれたら、足も寒くないし、統一感がある」との意見が多かったという。

     新制服は深緑色のブレザーに、グレーを基調にしたチェック柄のスラックスで男女兼用。スカート着用を希望する生徒は、申請すれば認められるという。

     発表会では、ともに3年で生徒会長の中谷真大(まひろ)さんは「中学生らしい、社会への一歩としてふさわしい制服を誇りに思います」。副会長の森麗羽(うるは)さんは「私たちは卒業しますが、新1年生には新しい制服で活発な学校生活を送ってほしい」と期待を寄せた。

     長谷川貴久校長(60)は「男らしい、女らしいというよりも自分らしく生きる社会に変化してきた」とし、「ジェンダーレス社会に備えた制服改革を未来教育へのメッセージとして発信していきたい」と話した。【関谷徳】

    毎日新聞2020年9月28日 19時27分(最終更新 9月28日 19時28分)
    https://mainichi.jp/articles/20200928/k00/00m/040/153000c

    (出典 cdn.mainichi.jp)


    ★1が立った時間 2020/09/29(火) 03:36:07.48
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1601337663/


    【【兵庫】男女ともスラックスを標準制服に スカートは申請すれば着用可…校長「ジェンダーレス社会に備えた改革」 姫路市立山陽中】の続きを読む



    (出典 upload.wikimedia.org)


    そう簡単にはいかないと思います。

    1 蚤の市 ★ :2020/09/29(火) 23:41:45.67

     菅義偉首相は29日夜、ロシアのプーチン大統領と初めて電話会談し、1956年の日ソ共同宣言を基礎とした平和条約締結交渉を進める方針で一致した。日本政府関係者が明らかにした。2018年11月に当時の安倍晋三首相とプーチン氏が合意した方針を再確認した形。安倍政権の路線を継承し、北方領土の色丹、歯舞の「2島引き渡し」を軸に交渉する姿勢が鮮明になった。両首脳は近く直接会談することで合意した。

     電話会談で首相は「日ロ関係全体を発展させたい。北方領土問題を次の世代に先送りせず、終止符を打ちたい」と表明。プーチン氏は「2国間のあらゆる問題について対話したい」と語った。

    共同通信 2020/9/29 21:49 (JST)
    https://www.47news.jp/news/5314567.html
    ★1 2020/09/29(火) 22:10:54.47
    ※前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1601385054/


    (出典 www.kaerusokuho.net)


    【菅首相「2島引き渡し」軸に交渉 プーチン大統領と初の電話会談】の続きを読む



    (出典 next.jorudan.co.jp)


    完全に中国に負けている。

    1 首都圏の虎 ★ :2020/09/28(月) 23:31:04.04

    私は生命科学を専門分野とする研究者だ。妻が上海人ということもあり、5年ほど前に上海に異動し、それ以来こちらで研究教育を続けている。

     本稿執筆のきっかけとなったのは、最近発表された「Times Higher Education(以下、THE)」世界大学ランキングにおいて、「北京の清華大学がアジアトップの20位となる一方、東大の順位がそれより下の36位」といった内容のNHKニュースのツイートとそれに対する、ツイッターでの私のコメントだ。


    日本の多くの大学の世界ランキングはここ10年ほど大きく低下
     このニュースに対して、「中国の大学が東大より上位に位置し、アジアのトップになる」ということにショックを受ける反応が多くあったように見受けられた。

     しかしながら、日本にとってより深刻な点だと私が感じるのは、「中国の大学が伸びているという話とはほぼ関係なく、日本の多くの大学の世界ランキングがここ10年ほど大きく低下している」ということだ。ここからは、その状況の解説とそれに対する提言をしたいと思う。

     なお、下記の解説および提言は、日本の大学の中でも私の専門である理系分野や法人化の対象となった国立大学を中心とした話となっている点についてご留意いただきたい。

    「英語圏の大学じゃないから不利」は関係なし
     さて、今回の世界大学ランキング発表に関連し、ツイッター上では「世界大学ランキングは英語圏の大学が有利」「国際化の度合いが重視されるので、英語圏の大学ではない日本は不利」といった内容のコメントが散見された。

     そういった要素も確かにある程度はあるかもしれないが、それらの指摘は「多くの大学の順位が大きく伸びている中国は英語圏ではない」「そもそも世界大学ランキングにおいて国際化の指標は評価項目全体のごく一部でしかない」という事実に反する。

     それでは、世界大学ランキングにおける日本の大学の大幅な順位低下の理由は何か? 結論から述べると、世界大学ランキングにおいて最も重視されるのは研究力だが、その研究力が日本の大学において近年大きく低下しているからだと考えられる。

    新興国の伸び関係なく、ほぼ「一人負け」の日本
     実際、「THE」世界大学ランキングの評価項目をみてみると、研究内容とそれに伴う論文の引用数の要素の2点が6割を占めている。「THE」と並ぶ著名な世界大学ランキングである「QS」においてもそれは同様だ。

     日本の科学技術分野における「研究力」低下は周知の事実だ。文部科学省直轄の「科学技術・学術政策研究所 (NISTEP)」が毎年発行している「科学技術指標」という調査報告書によると、主要国の中でほぼ唯一日本だけが科学技術論文の「量」(論文数)と「質(引用数トップ1%・10%論文数)」共に大きく停滞していることがわかる。これは「中国をはじめとする新興国が伸びた分、日本が落ちた」というレベルではなく、ほぼ一人負けといっていい状況なのが下記の表からわかると思う。

     現状、「引用数トップ10%論文数ランキングでは、インドとほぼ同水準」、「引用数トップ1%論文数では、イタリアに抜かれ、オランダと同水準」であり、「論文総数についても主要国で唯一純減」という状況だ。逆に中国は質・量ともに近年大きく伸び、アメリカに次ぐ順位まで来ていることがわかる。

    大きく裏目に出た「選択と集中」
     こういった状況の中、「研究力」が重視される世界大学ランキングにおいて日本の大学の順位が低下するのも自然だと思われる。では、研究力低下の原因は何か? その大きな要因として大学教員らからよく指摘されるのが、研究費配分における「選択と集中」政策と「国立大学の法人化」だ。

    全文はソース元で
    https://www.jiji.com/jc/bunshun?id=40293

    (出典 www.jiji.com)


    ★1 2020/09/28(月) 18:51:23.07
    前スレ
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1601292766/


    【東大が中国勢より下位に…上海の研究者が見た、大学ランキング・日本「一人負け」の原因】の続きを読む

    このページのトップヘ