令和の社会・ニュース通信所

社会の出来事やニュースなどをブログに書いて発信していきます。あと、海外のニュースなども書いていきます。

    2020年02月



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    ゴーン氏の逃亡で捜索。

    東京弁護士会は、東京地検が1月29日レバノンに逃亡したカルロス・ゴーン被告人の元弁護人である弘中惇一郎弁護士事務所を捜索したことに抗議する会長声明を公表した。公表は1月31日付。弘中弁護士は東京弁護士会に所属している。

    地検は1月8日にも、パソコンを押収するため弘中弁護士事務所を訪れたが、事務所側が拒絶し、その際は事務所内に立ち入らなかった。

    「今回の捜索は明白に違法である」

    会長声明は、今回の検察の捜索について、「施錠中のドアを解錠して侵入したうえ、会議室の鍵を破壊する等の実力を行使したほか、事件記録等が置かれている弁護士らの執務室内をビデオ撮影し、繰り返し退去を求められても長時間にわたり事務所から立ち退かなかった」と指摘した。

    その上で、弁護士によって押収拒絶権が行使された場合には、対象物を押収するための捜索も当然に許されないと指摘。「今回の検察官らの行為は、明白に違法である」としている。

    また、検察官が弁護人の権利を違法に侵害することは、「弁護士業務の妨害であるにとどまらない」と指摘。

    今回の捜索は、弁護士に秘密を明かして相談する一般市民の利益を害することに加え、わが国の刑事司法の公正さを著しく害するものであると強く抗議している。

    ゴーン氏逃亡、弘中弁護士の事務所を捜索 東弁「明白に違法」と強く抗議


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【ゴーン氏逃亡、弘中弁護士の事務所を捜索 東弁「明白に違法」と強く抗議】の続きを読む



    (出典 www.suntech-power.co.jp)


    新しい技術が開発されています。

    Credit:debugliesnews
    • 熱を放射することで、夜間でも電力を生成できる新しいデバイスが開発された
    • 日陰に設置するだけで、1日中電力を生成できる

    太陽電池はクリーンで非常に便利な発電システムです。しかし安定した電力供給源である一方、どうしても日照時間に影響されてしまいます。

    日照時間に影響されない太陽電池」があるなら、より安定して電力を供給できるでしょう。

    なんだか一見矛盾に満ちたアイデアのようですが、実際にカルフォルニア大学の電子工学科の教授ジェレミー・マンデーらの研究によって、太陽を必要としない太陽電池が開発されました。

    新しい太陽電池は、熱を放射することによって、夜間でも電流を生成できるとのこと。一体どのような仕組みなのでしょうか。

    研究の詳細は「ACS Photonics」誌に掲載されました。

    夜も発電できる夜間太陽電池

    (左)従来の太陽電池 (右)熱放射セルを利用した夜間太陽電池/Credit:Jeremy Munday,ACS Photonics

    通常の太陽電池は、太陽光を吸収して電力を生み出しています。光が照射されることで太陽電池を構成している半導体の電子が動き、電流が流れるのです。

    一方、新しい太陽電池は光を放射することで電流が流れます。電流と電圧は従来の太陽電池とは反対方向に進みますが、電力は生成されます。

    開発された太陽電池は、夜間に1平方メートルあたり最大50ワットの電力を生成できるとのこと。これは、従来の太陽電池パネルが日中に生成できる電力の約4分の1にあたります。

    発電力は少し心もとないですが、夜間太陽電池は日陰に設置されていれば日中でも機能するので、従来の太陽電池を補完するには十分な働きが期待できるでしょう。

    熱放射セルを利用した仕組みとは

    熱移動の方向と電流の方向/Credit:Santhanam&Fan,Phys.Rev.B,2016

    夜間太陽電池は「熱が温度の高い方から低い方へ放射される」ことを利用しています。

    「熱移動のある環境」と「熱移動から電力をつくるデバイス」があれば、電力は生まれるからです。

    マンデー氏は「熱移動から電力をつくるデバイス」として、「熱放射セル」に目を付けました。

    「熱放射セル」は周囲に熱を放射することで電力を生成するデバイスです。主に、エンジンなどから生じる廃熱を有用なエネルギーに変換することに焦点を当てて研究されていました。

    「これらのデバイスの1つを取り出して、暖かい場所に置いて空に向けたらどうなるかを考えていました」とマンデー氏は述べています。夜間の地球が「熱移動のある環境」に該当すると考えたのです。

    事実、宇宙空間は非常に寒い場所なので、暖かい物体を夜空に向けると赤外線として熱を放出します。日中とは真逆ですが、熱移動は確かに起こるのです。

    この「夜間の熱放射」と「熱放射セル」を組み合わせたものが、夜間太陽電池です。エンジンの高熱放射ほどの電力は得られませんが、デバイスを設置しておくだけで自然と電力が生成される点は大きな魅力と言えるでしょう。

    マンデー氏は夜間太陽電池の出力と効率を改善して、大規模な使用を目指しています。

    自動的に太陽の方向を向く「人工ひまわり太陽光パネル」が発明される


    reference: zmescience,debugliesnews/ written by ナゾロジー編集部
    「太陽を必要としない太陽電池」が開発される


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【「太陽を必要としない太陽電池」が開発される】の続きを読む


    炳瑞(ファン・ビョンソ、1949年 - )は、朝鮮民主主義人民共和国の政治家、軍人。2017年12月時点での朝鮮人民軍における軍事称号は上佐とみられている。 元朝鮮労働党中央委員会組織指導部第一副部長であり、2017年10月まで朝鮮労働党中央委員会政治局常務委員会委員、朝鮮労働党中央軍事委員会委
    17キロバイト (2,658 語) - 2020年1月21日 (火) 01:53



    (出典 img.hani.co.kr)


    スターリンのような人だ。

    韓国紙・東亜日報の敏腕記者で、脱北者でもあるチュ・ソンハ氏が自身のブログで、かつて北朝鮮の「ナンバー2」と見られていた黄炳瑞(ファン・ビョンソ)元軍総政治局長が処刑された可能性が高いと伝えている。

    (参考記事:機関銃でズタズタに…金正日氏に「口封じ」で殺された美人女優の悲劇

    黄炳瑞氏は2017年10月、公式の場から姿を消した。同11月には韓国の情報機関・国家情報院が国会情報委員会に対し、「党に対する不純な態度を問われ処罰されたもよう」と報告した。

    女性芸能人処刑の責任者と

    しかし翌年2月16日北朝鮮メディアが報じた写真にその姿が確認され、6月には金正恩委員長の中朝国境地帯の視察に同行。朝鮮中央通信などは黄炳瑞氏の肩書を「朝鮮労働党中央委員会の幹部」と伝えた。さらに8月13日金正恩氏の平安南道(ピョンアンナムド)視察に同行したことが報道され際には、肩書は日本の中央省庁の次官に匹敵する「党中央委員会第1副部長」となっていた。

    ところがこれから間もなく、黄炳瑞氏はまたもや公式の場から姿を消す。北朝鮮メディアに登場したのは、同年12月3日付の報道で金正恩氏の元山製靴工場視察に同行したことが伝えられたのが最後だ。2019年3月には、最高人民会議代議員の資格を失ったことが確認されている。

    チュ・ソンハ氏によれば、転落のきっかけは2017年10月12日に行われた平壌万景台革命学院創立70周年行事での出来事だった。抗日パルチザン遺児を教育するため1947年に設立されたこの学校は、今も金正恩体制の核心エリートの養成を担っている。

    記念行事に参加した金正恩氏は、施設を見て回り芸術公演を鑑賞した後、運動場に出た。ところが、こうしたイベントに付き物の体育行事が準備されていなかった。

    金正恩氏は隣にいた黄炳瑞氏に、「なぜ体育行事を行わないのか」と質問。当時68歳だった黄炳瑞氏は33歳の金正恩氏に対し、あたふたした様子で「中央党(党中央委員会)と相談してそのようにした」と答えた。

    この回答に金正恩氏は「中央党が、お前が相談すべき相手か」と怒りを露に出し、顔を真っ赤にして車で走り去ったという。北朝鮮では、革命の担い手である朝鮮労働党の頭脳・中央党といえども、金正恩氏に徹底的に服従することが求められる。誰かと誰かが相談して、物事を決められる場所ではないということだ。

    黄炳瑞氏は当時、金正恩氏を含めわずか4人だけの党政治局常務委員であり、国務委員会副委員長、軍総政治局長、中央軍事委員などを務めていた。肩書で見れば、まさにナンバー2である。

    そんな大幹部であっても、体育行事ひとつ自らの判断で決められないのだ。チュ・ソンハ氏は、「もちろん金正恩が腹を立てたのは、体育行事のためだけではないだろう。軍をしっかり統率できない黄炳瑞への積もり積もった不満が爆発したと見るべきだ」としている。

    黄炳瑞氏が軍を統率できていなかったというのは、部隊内での飢餓や虐待の横行により、軍紀が乱れきっていることを言っているのかもしれない。

    この行事の翌日から、軍総政治局は中央党組織指導部の検閲を受け、黄炳瑞氏をはじめとする幹部数人が「革命化」と呼ばれる再教育に送られたという。

    その後、同氏が一時的な復権を経て再び姿を消したのは前述したとおりだ。チュ・ソンハ氏は、「昨年7月頃、黄炳瑞の運命が完全に終わったとの情報が、北朝鮮からもたらされた。彼の一族が消えたというのだ」と説明。

    そして黄炳瑞氏のその後について、「教化所(刑務所)送りになったとか、平壌近郊の労働者に降格されたなどの情報が錯そうしていた。しかし、最も信頼性の高い情報源は、黄炳瑞が昨年5、6月頃に金元弘(キム・ウォノン)とともに処刑されたと伝えてきた」としている。金元弘氏は女性芸能人の処刑などを指揮した国家保衛省の元トップである。

    (参考記事:「女性芸能人処刑」責任者までも抹殺した金正恩氏の冷酷無比

    チュ・ソンハ氏も、黄炳瑞氏が処刑されたものと断定はしていない。ただ、泣く子も黙る大幹部だった人物が、外部からはまったく姿を捉えられないほどに、徹底的に消し去られてしまったことだけは事実と言える。

    2018年9月20日、韓国の文在寅大統領らと白頭山を訪れた金正恩氏(平壌写真共同取材団)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【「顔面を真っ赤にして激怒」金正恩氏、国内ナンバー2を処刑か】の続きを読む



    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    日本国内に充満している可能性もありますね。

    1 みつを ★ :2020/02/01(土) 00:38:09.40

    https://www.fnn.jp/posts/00431354CX/202002010019_CX_CX


    20代ガイド女性は「3次感染」の可能性 国内の感染者は17人に
    カテゴリ:国内
    2020年2月1日 土曜 午前0:19

    新型コロナウイルスへの感染が確認されたバス運転手と、ツアーで一緒に過ごしたガイドの女性。

    3次感染の疑いもある。

    厚生労働省によると、千葉県に住む20代のガイドの女性は、日本人で初めて新型コロナウイルスへの感染が確認された奈良県のバス運転手と、1月18日から22日まで、大阪と東京を往復するツアーに参加していた。

    その後、せきや鼻水の症状が続いたことから、29日に病院を受診し、31日、陽性反応が確認された。

    中国・武漢からの客と明らかな接触はなく、感染した運転手を通じた3次感染の疑いもある。

    また、30日に武漢市からチャーター機で帰国した日本人のうち、発熱などの症状がなかった男性2人(30代・50代)について、新たに感染が確認され、国内の感染者は17人となった。

    さらに、31日にチャーター機で帰国した日本人のうち、10人がせきや発熱の症状で病院に搬送されたほか、その後の検査で症状がみられた15人も、今後、入院となる予定。


    【【コロナ】千葉の20代ガイド女性は「3次感染」の可能性 国内の感染者は17人に】の続きを読む



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    出席して領土が返ってくることはないと思います。

    1 ガーディス ★ :2020/01/31(金) 02:53:24.55

    [東京 30日 ロイター] - 安倍晋三首相は30日の参院予算委員会で、ロシアのプーチン大統領が予定している旧ソ連の第2次世界大戦戦勝75周年式典について、首脳会談で十分な時間が取れるか含め、「出席を検討していく」と述べた。

    鈴木宗男委員(維)への答弁。鈴木氏はプーチン大統領との関係強化のため出席を求めた。
    https://jp.reuters.com/article/abe-russia-idJPKBN1ZT0AV


    【【🤔】旧ソ連の第二次世界大戦戦勝75周年式典に安倍首相が出席か プーチン大統領との関係強化が目的】の続きを読む

    このページのトップヘ