令和の社会・ニュース通信所

社会の出来事やニュースなどをブログに書いて発信していきます。あと、海外のニュースなども書いていきます。

    2019年09月



    (出典 sp.hazardlab.jp)


    また、台風がくるのか。困るな。

    1 記憶たどり。 ★ :2019/09/27(金) 10:52:46.71

    https://weathernews.jp/s/topics/201909/270035/


    (出典 smtgvs.weathernews.jp)


    日本のはるか南海上の熱帯低気圧は高い海水温の海域を進みながら発達しています。
    明日28日(土)までには台風18号となる見込みです。

    台風17号と似た進路で週明けに接近か


    (出典 smtgvs.weathernews.jp)

    世界の予測モデルによるシミュレーション

    台風になったあともしばらくは太平洋高気圧の南の縁を西よりに進んで、さらに発達を続けます。
    沖縄の南海上に達した後はだんだんと北に進路を変え、日本に接近する可能性が高い状況です。

    世界各国の予測モデルによるシミュレーションの結果では沖縄付近を通過したあとに、
    九州に近づくものが多く、先日接近した台風17号に比較的近い進路を示唆しています。

    このコースを進んだ場合は、沖縄から北日本まで全国の広い範囲に台風の影響が出ることが考えられます。
    最新の情報を確認しつつ、早めの対応が必要です。


    【【台風速報】台風18号「ミートク」明日28日(土)までには発生の見込み。台風17号と似た進路で週明けに日本へ接近か。9月27日10:14】の続きを読む


    韓国軍の民間人虐殺調査 ベトナム人の訴えを韓国政府拒否

    韓国政府も認めるべきです。


    ライ「𤳆」(𤳆=「男」偏に「來」旁)はベトナム語で「混血」を意味し、ダイハンは「大韓」(朝:대한)のベトナム語読みであるが、「ライダイハン」という語そのものがベトナムの公式文書に現れる例は少ない。韓国では、ベトナム語からの借用語として取り入れられ、「ライイハン」(朝:라이따이한)のように発音される。
    22キロバイト (2,985 語) - 2019年9月18日 (水) 12:03


    (出典 image.news.livedoor.com)


    NO.7824707 2019/09/26 18:03
    韓国軍の民間人虐殺調査 ベトナム人の訴えを韓国政府拒否
    韓国軍の民間人虐殺調査 ベトナム人の訴えを韓国政府拒否
    韓国・JTBCなどによると、ベトナム戦争当時の韓国軍による民間人虐殺の被害者と遺族103人が韓国政府に真相究明調査や賠償などを要求していた問題で、韓国政府が最近、これを拒否する考えを伝えていたことが分かった。

    被害者らは4月に訪韓し、ベトナム戦争当時に行われた韓国軍による民間人虐殺の真相究明調査、事実認定、謝罪、被害回復を求める内容の請願書を韓国大統領府に提出していた。

    これに対し、韓国政府は今月9日に回答を発表。

    「韓国軍がベトナムで民間人を虐殺した」との疑惑に韓国政府が公式の立場を示したのは今回が初めてという。

    回答書には「民間人虐殺に関する内容は確認されていない」「事実の有無を確認するには韓国とベトナムが共同で調査しなければならないが、そのための条件が整っていない」などと書かれていたという。



    【日時】2019年09月26日 14:10
    【ソース】Record China
    【関連掲示板】


    【韓国軍の民間人虐殺調査 ベトナム人の訴えを韓国政府拒否】の続きを読む


    中国警察が歩くセルビア 増加する中国人観光客「安全確保」を名目に


    6, 2015. セルビアの人口動態(英語版) セルビア関係記事の一覧 セルビア (小惑星)(セルビアに因んで命名された小惑星) セルビアの音楽 セルビア投資輸出促進庁 セルビア保安・情報局 クロアチアとセルビアの関係 政府 セルビア共和国政府 (セルビア語)(英語) 在日セルビア大使館 (日本語)
    31キロバイト (3,769 語) - 2019年3月12日 (火) 12:27


    中国警察

    (出典 Youtube)


    中国人のマナーの問題もありますが、海外にいる中国人の監視もあると思います。

    9月20日セルビアの首都ベオグラードでは、セルビア人警察官と中国の警察官との共同パトロールが始まった。近年、欧州では、首都圏に中国警察や監視カメラを設置する都市が増加している。

    セルビア政府は、中国人観光客や労働者の増加で発生する問題に対処するため、中国警察を要請した。

    数千人の中国人観光客がベオグラードや他のセルビアの都市を訪れている。中国の広域経済開発構想「一帯一路」に参加するセルビアのほか、バルカン半島諸国は、鉄道、道路、発電所など複数の大型インフラプロジェクトを抱え、中国人労働者を受け入れるほか、中国輸出入銀行から数十億ドルの融資も受けている。

    ロイター通信の取材に答えた、セルビア駐在の北京出身の中国の警官は、中国人向けのホットラインを開設したという。セルビアの警官は、中国の警官には逮捕する権限がなく、観光客とセルビア警察とを仲介する役割だとした。

    セルビアにおける中国警察の活動について、5月、両国の内務大臣が覚書を交わした。それによると、サイバー犯罪対策のための特別警察部隊の共同訓練も可能だという。

    中国の通信機器大手・華為技術ファーウェイ)は、個人認証の可能な監視カメラをベオグラードに何百台も設置している。防犯対策として同社が企画する都市監視システムセーフシティ」を取り入れている。ロンドンの一部にも「セーフシティ」が採用されている。

    こうした中国警察の受け入れは、他の欧州諸国でも行われている。同じく一帯一路参加の覚書に署名したイタリアは、訪問する中国人観光客増加への対応として、中国警察との共同パトロールローマ、ミラノ、ベニスで行っている。両国の警察は2017年から、中国およびイタリアでの共同訓練を行っている。

    人民日報によると、クロアチアは「安全な観光キャンペーン」と題した治安対策を行っており、19カ国から800人の警官が現地で防犯訓練を行った。中国も8人の警官が参加しており、首都ザグレブの観光地を巡回している。

    スウェーデン中国大使館は最近、現地紙に対して「スウェーデンは増加する中国観光客への防犯対策が脆弱である」と主張した。大使館によると、今年は8月までに110件の中国パスポート「盗難」届けがあったという。しかし、スウェーデンジャーナリスト、ヨイエ・オルセン氏は、スウェーデン警察の発表では確認できていないとした。

    スウェーデンの首都ストックホルムでは2018年9月、現地警察とホテルの対応に不満を抱いた中国人観光客3人が路上で泣いたり叫ぶなどの騒ぎを起こした。中国外交部も「人権国家を標榜する国が人権を侵害した」と批判を展開し、両国の外交問題に発展した。

    スウェーデン中国大使桂從友氏は、「中国人が略奪などの被害に遭わないよう、効果的な措置を取らなければならない」と述べている。オルセン氏は、スウェーデンでも、セルビアイタリアのように中国警察によるパトロールが検討されるかもしれないと言及した。

    (編集・佐渡道世)

    2019年7月、上海で共同訓練するイタリア警察と中国警察。参考写真(GettyImages)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【中国警察が歩くセルビア 増加する中国人観光客「安全確保」を名目に】の続きを読む


    あおり運転、米国でも急増中。エアガンどころか射殺も頻発


    あおり運転あおりうんてん)は、道路を走行する自動車、自動二輪、自転車に対し、周囲の運転者が何らかの原因や目的で運転中に煽ることによって、道路における交通の危険を生じさせる行為のこと。 「あおり運転」とは自動車などの運転中に車間距離を極端に詰めたり幅寄せを行ったりする行為をいう通称。
    36キロバイト (5,523 語) - 2019年9月26日 (木) 03:41



    (出典 nordot-res.cloudinary.com)


    海外でもあおり運転はありますね。

     運転中のいざこざはどこの国でも起こり得るもの。日本では「あおり運転」をめぐって、8月に殴打事件、9月にエアガン発射事件が起きるなど、社会問題となっている。実は、米国でもあおり運転による事件が急増しているという。

     アメリカでは運転中に怒りを感じる人が多いことが調査で分かっており、銃社会であることも重なって、うっかり車線変更して他の車の前に割り込んだりすると、命の危険にさらされる可能性も十分にあり得るのだ。

    アメリカドライバーの80%は「運転中に怒りを感じている」

     CNNによると、ここ数年、全米であおり運転被害が激増しているという。

     National Highway Traffic Safety Administration(国家道路交通安全局)は、2006年に80件程度だったあおり運転による被害が2016年には467件と、10年間で5倍に増えたことを発表。

     中でも、銃を持ち出して相手のドライバーや同乗者を脅すケースが多く、2014年の年間を通して247件だった事件が2017年上半期だけで325件と増え、2日に1度のペースで銃を用いたあおり運転事件が起こっているというのだ。

     また、American Automobile Association’s Foundation for Traffic Safety(アメリカ自動車協会)の2016年の統計調査では、「運転中に激しい怒りを感じたことがある」と答えたドライバーが全体の80%もいることが分かっている。

     驚くべきは、4900万人が「別の車両が車線変更するのを邪魔しようと試みたことがある」と回答し、そのうち半数が「割り込み運転をした経験がある」と回答していること。さらに、800万人が「車から降りて別のドライバーに文句を言いに行った経験」を持ち、600万人が「意図的に衝突事故を起こす」などの行為をしたことがあると答えていることだ。

     どうやらアメリカ人は慢性的に疲労やストレスを感じており、運転中はとにかくイライラしているということらしい。

    あおり運転が殺人につながる銃社会アメリカ

      アメリカではあおり運転が殺人事件につながるケースが多く、こうした事件を起こした容疑者に対しての刑罰は非常に厳しい。

     例えば、2年前、あおり運転の末に高校を卒業したばかりの女子学生ドライバーを射殺したペンシルバニア州在住・28歳の男には、最高40年の懲役刑(Fox News フォックスニュース)。

     相手側ドライバーの男性を銃で殺害し、助手席に同乗していたガールフレンドにも重症を負わせたカリフォルニア州在住・28歳の男には懲役72年、100歳になるまでの実質終身刑判決が下された(Mercury News マーキュリーニュース)。

     さらにこんな例もある。1年ほど前にインディアナ州で起こったあおり運転の末の銃撃事件で、同乗者を銃殺されてしまった側のドライバーが逮捕されるというケースだ。

    「Indy Star インディスター」によると、背後にぴったりとついてきた車両に激怒したドライバーAが窓から発砲すると、後ろのドライバーBも銃を取り出して反撃。その銃弾がAの同乗者に命中し、死亡してしまったという。

     しかし、裁判では反撃したBの正当防衛が認められて彼は被害者扱いとなり、最初に攻撃したAの方が危険運転をした張本人であると判断された。結果、Aは短期間ではあるが懲役刑を下されてしまったのである。

     どの事件に関する記事を読んでも、逮捕された側は一様に「最初に危険運転をしてきたのは向こうだ」と思い込み、逆ギレして銃を持ち出し、事件を起こしているよう。考えてみれば、日本で相次いで起こったあおり運転の容疑者たちも同様に「相手に否がある」と主張をしている場合が多い。

    ◆「SOS」はひと目につきやすい場所まで運転してから

     では、旅行やビジネスで訪れたアメリカで、自分は危険運転などしたつもりはないのに逆恨みされ、あおり運転の被害にあった場合は、どうしたらいいのだろうか? 

     まずはしばらく、冷静に見守ることが大切。前述したとおり、アメリカ人はとにかく運転中にイライラしがちな国民性だと言えるだろう。

     些細なことで中指を立てたり、Fワードで叫んだりする人は、あおり運転の被害経験のない筆者から見ても多い。そんな時は、決して目を合わせず、取り立ててアクションを起こさないのがベストな対策といえよう。触らぬ神に祟りなしである。

     CNNの取材に対する専門家のアドバイスは、

    「執拗なあおり運転にあっても、むやみに車を止めず、病院や消防署など他の人の目につきやすい場所まで運転していってからクラクションを鳴らすといい」

    「相手が車外に出てこちらに近づいてきても、慌てて外に出たりせず、窓を少し開けて話し合うようにする」

    「最終的に必要があれば、911アメリカ110番)に電話してSOSサインを送ろう」

    の3点。

     しかし、警察に助けを求めても何に困っているのかを分かってもらえなければ意味がない。「あおり運転」は英語でRoad Rageロードレイジ)」もしくは「Tailgating(テイルゲイティング)」ということだけは、しっかり頭に叩きこんでおこう。

     ただし、日本同様にスマートフォンを利用しての“ながら運転”はアメリカのほとんどの州で禁止されている。

     たとえ緊急自体であってもスマートフォンを手に取ることさえ許されていないため、念のためレンタカーを借りる際には電話を固定できる車載ホルダーがあり、さらにハンズフリー通話に対応したカーオーディオが搭載されている車種を選ぶようにしたい。

    Sources:「CNN」「Mercury News」「Fox News」「Indy Star

    <文/橘 エコ>



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【あおり運転、米国でも急増中。エアガンどころか射殺も頻発】の続きを読む



    (出典 plaza.rakuten.co.jp)


    可能性は低いのかな?
    やはり、反日国家があるために可能性は低いのかな?

    1 すらいむ ★ :2019/09/26(木) 11:46:26.18

    日独など4か国外相 「早期の国連安保理改革を」

     国連安全保障理事会の常任理事国入りを目指す日本、ドイツ、ブラジル、インドの4か国は外相会合を開き、常任理事国の拡大を含む早期の安保理改革の必要性を改めて確認し、アフリカ各国を含む改革を支持する国々への関与を続けていくことで一致しました。

     国連安全保障理事会の常任理事国入りを目指す日本、ドイツ、ブラジル、インドの4か国は、ニューヨークで開かれている国連総会に合わせて日本時間の26日朝、外相会合を開き、日本からは茂木外務大臣が出席しました。

     この中で4か国の外相は、常任理事国と非常任理事国の拡大を含む安保理改革に関する各国の政府間交渉が始まって10年以上がたつものの、実質的な進展が得られていないことに懸念を表明しました。

     そのうえで、早期の改革の必要性を改めて確認し、4か国が緊密に連携してアフリカ各国を含む改革を支持する国々への関与を続けていくことで一致しました。

    NHK NEWS WEB 2019年9月26日 11時38分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190926/k10012099811000.html


    【【常任理事国入り】日独など4か国外相 「早期の国連安保理改革を」 】の続きを読む

    このページのトップヘ