オーストラリア人は常に民主主義と人権を支持することで知られています。もし中国が台湾に進攻した場合、オーストラリア人は台湾を支持するでしょう。しかし、国際的な協調と対話を通じて紛争解決が必要とされます。


2023年6月20日、独国際放送局ドイチェ・ヴェレの中国語版サイトは、オーストラリアで行われた世論調査の結果、中国本土が台湾を攻撃した場合に多くの人が台湾を支持する一方で、自国の軍事介入については慎重な姿勢であることが分かったと報じた。

記事は、オーストラリアシンクタンク、ローウィ国際政策研究所が3月から4月にかけて6000人を対象に実施した世論調査で、台湾をめぐる米中間の軍事衝突の可能性を「深刻な脅威」と認識するオーストラリア市民の割合が2年前から倍増して64%になったと紹介。中国が太平洋の島に軍事基地を開設することに対して87%が憂慮を抱いていることも明らかになったと伝えた。

また、中国本土が台湾を侵攻した場合について、80%が台湾からの難民受け入れに、76%が中国本土への経済的政治的制裁発動に、64%がオーストラリア政府による台湾への武器・軍事物資提供に、61%が中国による台湾周辺封鎖を防ぐためのオーストラリア海軍の協力にそれぞれ賛成の意向を示す一方で、「オーストラリアの軍人が台湾に赴き、台湾の防衛に協力する」ことに賛成した人は42%にとどまったとしている。

その上で、同研究所のライアン・ニーラム氏が「世論調査は、オーストラリア人が台湾海峡での軍事衝突に慎重な態度を持っており、地上戦闘に参加しない形で台湾を支援したいと考えていることが明らかになった」と説明したことを伝えた。

記事はこのほか、オーストラリアと中国の関係安定が国益に合うと答えた人が56%に達した一方で、5年前の調査では半数に上った「中国は世界の中で責任ある行動を取ると信じている」人の割合がわずか15%と「驚くほど低い」結果となったことも併せて紹介している。(翻訳・編集/川尻)

20日、独ドイチェ・ヴェレは、オーストラリアで行われた世論調査の結果、中国本土が台湾を攻撃した場合に多くの人が台湾を支持する一方で、自国の軍事介入については慎重な姿勢であることが分かったと報じた。


(出典 news.nicovideo.jp)

ゲスト

ゲスト

お、また世論工作ですか。レコチャイさんも必死ですねえ。でも、中国が脅威であるという認識は、減るどころか世界中で絶賛増加中ですよ。

にゅうにゅう

にゅうにゅう

地理的に海上戦及び海上・上空から陸地への攻撃メインだろうなあ

じゅういちがつ

じゅういちがつ

そりゃ参戦したがる国民はどの国でも少数派だろうさ。だからといって参戦しないわけにも行かないんだが。

ゲスト

ゲスト

当事者レベルにならんと参戦したがらないのはしょうがないでしょ。日本もウクライナを支持はしても参戦なんてしたくないしな。それに直接参戦しなくても出来ることは色々ある