さすが東大生・京大生、注目する企業ランキングでも、一般的に有名な企業ばかりが上位にランクインしていますね。やはり、知名度や社会的インパクトが重視されるのでしょうか。

 ワンキャリア(東京都渋谷区)は「東大・京大卒の就活人気ランキング」を発表した。2025年卒の東大生・京大生に最も人気のある企業は「野村総合研究所」であることが分かった。「野村総合研究所」のトップは2年連続。

【その他の画像】

 2位は「ボストン コンサルティング グループ」、以下「デロイト トーマツ コンサルティング」「アクセンチュア」「ベイカレント・コンサルティング」が続いた。

 この結果について、ワンキャリアは「6月は早期から就活に取り組む学生の傾向が結果に反映されやすい時期。ここ数年の傾向として、早期に内定が獲得できるコンサルティングファームが上位にランクインしている」とコメントした。

 業界別のトップをみると、コンサル・シンクタンクは「野村総合研究所」、商社は「三菱商事」、メーカーは「ソニーグループ」、不動産・建設は「三井不動産」、IT・通信は「NTTデータ」、金融は「ゴールドマンサックス」、広告・マスコミは「博報堂博報堂DYメディアパートナーズ」、インフラ・交通は「JR東海」だった。

 外資系金融機関の順位が前年より上がる傾向にあり、「バンク・オブ・アメリカ」が25ランクアップの62位、「モルガン・スタンレー」が12ランクアップの30位、「シティグループ」が10ランクアップの92位と目立っていた。

 就活サイト「ONE CAREER」における企業別のお気に入り登録数をもとにした調査で、対象は東京大学京都大学、または同大学院に在籍する25年卒学生1676人。調査日は5月26日

東大生・京大生が働きたい会社はどこ?


(出典 news.nicovideo.jp)