やはり、1位は食事ですね。その土地ならではのモノがほしいようだ。

Paakは11月29日、「旅の過ごし方」に関する調査の結果を発表した。調査は11月9日〜10日、全国20代〜50代の男女1,013人を対象に行われたもの。

まず、旅行に行く頻度について聞いたところ、「半年に1回」が33.4%、「年に1回」が33.3%、「3ヶ月に1回」が18.6%、「2ヶ月に1回」が7.2%、「1ヶ月に1回」が5.0%、「それ以上」が2.5%という結果となった。

旅行先の情報はどこから入手することが多いか尋ねると、「インターネット記事」が61.1%で最も多く、次いで「テレビ」が34.2%、「Instagram」が23.3%で続いた。年代別で見ると、20代のみ「インターネット記事」と僅差で「Instagram」が続く結果となっている。

旅行先を決める際の基準については、「観光スポットの数、バリエーション」が33.9%で最多に。次いで「金額」が21.1%、「食事」が11.4%、「宿」が10.7%で続いた。

旅先で特にお金をかけることについて聞いてみると、「食事」(69.0%)、「宿」(52.3%)、「観光」(42.7%)が上位に。「観光」と答えた人に、具体的に尋ねたところ、「エコツーリズム(自然環境やそれと関わりの深い伝統文化)」が21.1%で最も多く、以下「ヘルスツーリズム(温泉療法や森林療法等)」(18.8%)、「世界遺産観光」(15.5%)が続いた。

行ったことのある旅行先で、また行きたいと思った経験が「ある」と答えたのは89.6%。

また訪れたいと思った理由については、「一度の旅行では満喫しきれなかった(時間が足りなかった)」が53.6%で最も多く、次いで「もう一度同じ観光スポットへ行きたい」(48.4%)、「もう一度同じ宿泊先に泊まりたい」(33.7%)が続いた。
(フォルサ)

画像提供:マイナビニュース


(出典 news.nicovideo.jp)

NO EMPTY

NO EMPTY

距離や宿泊期間によるが、帰って清算すると交通費が一番お金がかかってる事が多い

ヴァル

ヴァル

食事が美味しい宿を選ぶなら別だけど一番最初に削るのがほぼ寝るだけになる宿泊費かな。旅慣れると快適に往復、時間を作るための交通費と食費に多く使うようになる。

kenties

kenties

若い頃は18きっぷの常連で京都・神戸・大阪は毎年欠かさず行ったものだが、中年になると旅行自体がめんどくさくてな。豪華客船クルーズとかなら行ってもいい。