懸念される。

2022年11月26日、中国メディア環球時報は、イーロン・マスク氏がツイッターの凍結アカウントを復活させていることについて、専門家から「地獄の扉を開いた」との声が出ていると報じた。

記事は、20日にトランプ前米大統領アカウントの凍結が解除されたのに続き、マスク氏が23日に300万人のネットユーザーが参加したアンケート調査で72.4%の賛成を得たことから凍結アカウントに対する「大赦」を次週より実施することを宣言したと紹介。これに対し一部の海外メディアが「ヘイトスーパースプレッダー」が再び世論に戻ってくることへの危惧を示していると伝えた。

そして、米ワシントンポストが「これは地獄の扉が開かれたようなものだ。悪意ある者が戻ってきて、個人情報さらし嫌がらせ、悪意あるいじめ、暴力の呼びかけや称賛などを行えば、想像したくもない結果が待っている」というハーバード大学法学部サイバー法律専門家の見解を報じたことを紹介している。

また、英ガーディアンも24日、反ヘイト団体から「今回の措置における唯一の受益者はヘイトコンテンツスーパースプレッダーだ」「凍結解除はツイッターヘイトスピーチブースターに変えることになる」との批判が寄せられているほか、カリフォルニア大学ロサンゼルス校のサイバー問題専門家が「ロボットや悪意ある人物が容易に結果を操作できる『世論調査』に基づき決定をするというのは無責任だ」と指摘したと報じたことを伝えた。

記事はさらに、英米メディアから「凍結解禁の決定は広告業者によるツイッター離れを加速することになる」との指摘も出ていることを併せて紹介した。(翻訳・編集/川尻

26日、環球時報は、イーロン・マスク氏がツイッターの凍結アカウントを復活させていることについて、専門家から「地獄の扉を開いた」との声が出ていると報じた。


(出典 news.nicovideo.jp)

ゲスト

ゲスト

ツイッター社員がトレンド操作していたという噂があるから、この批判に手放しで賛同することはできんなあ。とはいえ、マスク氏のやり方もどうなのか。解禁するのはいいんだが、ちゃんと理由を説明したらどうなのかね。

てぃあ

てぃあ

地獄の扉を開くとしたら、どんな記事を上位にもっていったのか、社員に対しどんな働きかけがあったのか、社員のツイッター社の前後の仕事はどうなっているのか、ツイッター社の中でどんな仕事をしていたのか、を公表するときじゃないかねえ。