10月3日から始まった秋の臨時国会自民党所属の国会議員を巡る旧統一教会世界平和統一家庭連合)問題で揺れるこの「火ダルマ国会」で目下、野党各党から「集中砲火」の最大のターゲットとされているのが、山際大志郎経済再生相である。

 実はこれまで、国民をコケにしているとしか思えないスットボケ会見を繰り返してきた山際大臣に対しては、自民党内からも「あの怪しい記憶力で国会審議を乗り切れるのか」「臨時国会が始まる前に辞任した方がいい」との厳しい声が上がっていた。山際氏が所属する麻生派の中堅議員も、次のように指摘している。

「辞任を求める声は、岸田(文雄)総理やその周辺からも上がっていた。ところが、山際大臣はポストに固執して、これを拒否。麻生(太郎)氏や甘利(明)氏らが水面下で慰留を促したとの声もあるが、政治家の出処進退は本人が自らの信念に基づいて判断するのが筋。山際大臣は今、党内で『KY(空気読めない)大臣』と揶揄されている」

 そんな中、岸田政権をさらなる窮地に追い込む、最悪のシナリオが浮上している。岸田派の有力幹部が明かす。

「最大の難所は、NHKテレビ中継が入る衆参の予算委員会。ここで山際大臣が怪しい記憶力に任せて『しどろもどろ答弁』を繰り返せば、『国会会期中に辞任』という、目も当てられない事態になりかねない。しかも、旧統一教会と接点のある閣僚はほかにもたくさんいるため、山際大臣の辞任を機に『辞任ドミノ』に追い込まれていく危険性もある。そうなれば、岸田政権はもたないだろう。まさに悪夢のような展開だ」

 しかし、すでに賽は投げられてしまっている。今秋の臨時国会は岸田政権の命運を左右する修羅場国会になるだろう。

アサ芸プラス


(出典 news.nicovideo.jp)

いつまで、続くのかな?

<このニュースへのネットの反応>

失礼を承知で言わせて貰えば、岸田政権が倒れる程度なら悪夢とまでは思わないよ。悪夢の民主党政権の有様をこの目で見て来た者としてはね。





実際岸田が倒れても順当な結果としか思わんが、問題はその後が誰になるかと、ロスなんかしてる場合じゃないってことだなあ。それでも岸田続投よりマシな可能性もありそうだけど


雑魚党首しかいない政権とかやめてほしいものである


今更、石破先生にというのも失礼な話だからな。せめて5年くらい前だったら間に合ったかもしれなかったが。・・・最初の安部・石破選の時、方々の議員事務所に朝から晩まで電凸して反石破を訴えていた日本語の怪しい連中の正体を、或いはコピペの石破叩きを発注していた連中の金の出所を、今や国民皆が知る所となった。