明治時代の出来事

 選挙演説中に凶弾に倒れた安倍晋三元首相の国葬儀が9月27日に迫ってきた。時事通信世論調査によると、「反対」が51.9%であるのに対し、「賛成」はわずか25.3%。岸田内閣の支持率は9月には発足以来最低の32.3%に落ち込むなど、国民から歓迎されないなかでの強行突破となる見通しだ。

 日本における「国葬」の萌芽は、1878年(明治11年)に「紀尾井坂の変」の暗殺で命を落とした大久保利通の葬儀にさかのぼる。葬儀が行われたのは、大久保が暗殺されてから3日後。巡査の初任給が6円であった時代に総経費15000円という莫大な費用が投入され、警備には警察ほか3500名が動員されるなど、国の威信をかけた大規模なものだった。

 大久保を含め、日本の国葬の歴史を研究してきた中央大学の宮間純一教授は「国葬の歴史からみると、安倍氏の事例は考えさせられることが多いです」と語る。

「日本の国葬の原型」と呼ばれる大久保の葬儀と比較することで浮かび上がってきた、安倍元首相の国葬儀の特異性とは――。

◆ ◆ ◆

 大久保利通暗殺事件、通称「紀尾井坂の変」が起きたのは、1878年5月14日大久保は、出仕のために清水谷(千代田区)を走る馬車の中にいた。大久保を狙った暗殺の実行犯は石川県士族・島田一郎を中心とする6名。最年少の杉村文一はわずか17歳だった。彼らはカモフラージュのために花を持って大久保の馬車を待ち受けて襲撃し、殺害。犯行グループは直後に自首するが、落ち着き払った態度で、笑みを浮かべた者すらいたと伝えられている。

暗殺は政府転覆の危険性をはらんでいた

――大久保の暗殺は、当時の日本社会にとってどれほどの出来事だったのでしょうか。

宮間 内務卿を務めていた大久保利通は、この時の政府の最高実力者でした。当時は王政復古からまだ10年ほどしか経っておらず、前年には西郷隆盛を担いだ西南戦争が起きるなど、政権はまだまだ不安定な状態でした。そんな状況で政府のトップが暗殺されたのですから、さらなる反乱につながる可能性さえある大事件と認識されています。

――資料によれば、大久保は全身に14箇所の傷を受け、トドメで喉を突き刺した刃の先端は地面に刺さっていたとまであり、相当恨みを買っていたことが分かります

宮間 新政府の重要人物だった大久保のことを、襲撃犯たちは薩摩・長州藩出身者を中心とした藩閥による専制政治の象徴とみなしていました。島田たちが暗殺時に所持していた「斬奸状」(暗殺の趣意を記した文書)には「公議」(おおやけに議論すること)を途絶えさせ、民権を抑圧し、政事を私物化しているなど5つの非難が記されていました。

――警備体制は十分だったのでしょうか。

宮間 当時は、西南戦争や立志社の獄(高知県で西南戦争に呼応して旧土佐藩の士族が挙兵を企てたとされる事件)が片付いたあとで、警備に対する意識が緩んでいたことを指摘する史料が残っています。大久保の暗殺をきっかけに、政府は要人が外出する際の警護を厳重化していきます。

――そして、大久保の「国葬」が行われたわけですね。

宮間 当時の日本には「国葬」という制度や前例がなかったため、大久保の葬儀は実は正式には「国葬」とは呼べません。ただ、大久保亡き後の政府の実力者だった伊藤博文らが国葬としての体裁を整えようとしていたことはたしかであり、国葬に準ずる規模で「天皇と国民が一人の人物を悼む儀式」として盛大に催されました。なので、正式な国葬は1883年の岩倉具視が初めてですが、大久保の葬儀が「国葬の原型となる葬儀」といわれています。

――国葬を巡っては現在、国会の審議を通さずに閣議決定で実行しようとする岸田文雄首相に批判が集まっています。大久保の時は、政府の中枢にいた伊藤博文らが強行したということなのでしょうか。

宮間 当時は、大久保のような規模の葬儀は前例がなかったので、実施のための手続きは明確ではなく、曖昧でした。そしてポイントは「国葬」ではなく、「国葬に準ずる葬儀」であるということです。実質的には伊藤博文ら政府の関係者や大久保と同じ薩摩藩の出身者が仕切っていましたが、建前はあくまで大久保家の私的な葬儀だったのです。

大久保の葬儀は暗殺のわずか3日後

――大久保の葬儀は、暗殺からわずか3日後に行われました。規模を考えるとかなり急な印象を受けますが、政府はなぜ国葬を急いだのでしょうか。

宮間 国内の不平分子を押さえつけるためでしょう。大久保暗殺の主犯格である島田一郎は西郷隆盛が下野するきっかけとなった征韓論を支持し、西南戦争に呼応しようとしていました。また、斬奸状には明確に政権批判が記されています。そういった思想のもと、現政権を倒すというテロとしての政治的意図は明らかだったので、「犯人のような思想は許さないぞ」と主張するためにも葬儀を急いだのでしょう。天皇の哀悼の意思を示しながら盛大な葬儀を行ってみせることで、「政府は一切揺らいでない」ということを国内外に示そうとしたのです。それにはスピードが重要でした。

――それにしても3日間で準備をしたとなると、かなりのドタバタがあったのでしょうね。 

宮間 まずは物品の準備が大変だったと思います。椅子250脚、馬車26輌などを、あちこちの省・部署からかき集めています。そのほか、西洋酒15箱、菓子折・赤飯折各1000個などが用意されました。あとは外国の公使などに送る招待状の文面なども、外国語でどういう表現をするのが相応しいかを判断できる人間が葬儀の実施チームにはおらず、事務方は相当苦労したようです。

――政府は国民に対して、半旗の掲揚や黙とうのような形で弔意を示すことを要求したりしているのですか?

宮間 この時期には、国を挙げて半旗を掲揚するとか、決まった時刻に黙とうするという文化がまだ定着しておらず、大久保の葬儀に際して「弔意の強制」が問題になったという記録はありません。全国で追悼会とか遥拝祭が行われはじめるのは後のことです。弔意の強制があったとしても、必ずしも現代のように個人の思想の自由が重んじられる時代ではないので、内心の自由の侵害になるという話にはならなかったと思いますけどね。

――国葬に反対した勢力はいたのでしょうか。

宮間 「なんで大久保の葬儀を盛大にやるのだ」と明確に主張した反対勢力がいたという記録は発見できていません。政府は反乱分子の出現を恐れて密偵(スパイ)を各地に派遣して情報を集めていましたが、そうした動向について伊藤は「心配していたほどではなかった」と述べています。また、大久保の葬儀は主権者である天皇の名のもとに行われたので、表立っては反対できない状態でした。犯人が出した斬奸状を掲載した新聞はありましたが、反政府分子のメッセージを発信したとして、発禁処分にされてしまいました。

――葬儀にあたって世論というか、国民の声を聞こうという意思は政府にはなかったのですか?

宮間 当時の権力者たちは、そんなことは考えもしなかったのではないでしょうか。その後、戦前・戦中に行われた国葬も天皇から賜るものであり、国民主体の儀式ではありませんでした。

天皇は参列しなかったが、使者を派遣

――国葬は天皇の名のもとで行われた葬儀とのことですが、実際に明治天皇は参列されたのでしょうか。

宮間 先日のエリザベス女王の葬儀に参列したことが話題になりましたが、天皇が葬儀に出席するのは異例で、基本的に人の葬儀に参列しません。少なくとも近代以降、臣下の葬儀には参列したことがありません。なので、大久保の葬儀にも参列はしていません。ただ側近を現地に使者として派遣して「追悼しているぞ」という意思を示すとともに、祭粢料(香奠に相当するもの)や供物などを届けています。

――大久保の暗殺犯である島田一郎は元陸軍軍人です。安易な結びつけは避けるべきですが、安倍元首相を銃撃した山上徹也容疑者が自衛隊に所属していたことを想起させます。

「国葬は、現在の多様性を重んじる社会には必要ないのではないか」

宮間 島田一郎による大久保の暗殺は、政権を倒そうとして行われた明らかなテロです。一方、山上事件の場合はまだ全容は明らかになっていないものの、旧統一教会を巡る“私怨”に近い殺人事件と言われています。政治体制を壊すことや、いまの政権を打倒する目的であったわけではないとすれば、そこはまったく違うと思います。ただ、大久保の時の伊藤博文、今回の岸田総理など、残された権力者が主導して実施を決定した点は共通しています。

――安倍元首相の国葬は死亡から2カ月以上たって行われますが、それについてはどう思われますか?

宮間 大久保の3日後は確かに相当急いだ印象がありますが、その後の国葬もほとんどは数日から10日程度で行われていて、戦後唯一の国葬である吉田茂元首相も11日後です。安倍さんの国葬が完全に例外なのです。

――歴史学者として、安倍氏の国葬をどう見られているのでしょう。

宮間 大久保ケースを含めて、国葬というのはどこまで行っても「時の政権の思惑で人間の死を政治的に利用するもの」でしかありません。近親者での葬儀は弔いの場ですが、国が個人を弔い、褒め称える国葬という国家儀式は、政治的意図を伴って行われます。国民に1つの価値観を強いる国葬は、現在の多様性を重んじる社会には必要ないのではないかと私は思っています。

(北山 円香,宮間 純一/Webオリジナル(特集班))

左 安倍晋三元首相 ©文藝春秋 右・大久保利通肖像(『近世名士写真』近世名士写真頒布会、1935年)


(出典 news.nicovideo.jp)

梅の字

梅の字

「政治的思惑」を勝手に「悪」にしてんじゃねぇよ。選挙中の暗殺テロという非道に対して、国葬で対抗の意思を示して何が悪い。なにが「多様性が重視される社会には要らない」だよ。自分の多様性は大事で人のは駄目といういつものダブスタ。安倍氏を弔いたい人びとは大勢いるんだ。邪魔するな。それが多様性だろうが。

ゲスト

ゲスト

「菅野完」。 ■しばき隊の幹部で、公安監視対象。 フジテレビ経営のハーバービジネスで「草の根保守の蠢動」を連載。自称「著述家」で、著書は【2冊】 自称「右翼」「保守主義者」。 >河本さんは悪くない >学歴詐称疑惑 >米国での女性暴行、性犯罪をして国外逃亡 >日本での強制猥褻 >カンパ金着服事件

ゲスト

ゲスト

性犯罪者で、しばき隊の幹部「菅野完」

000

000

あれやこれやと理屈のようなものをこねくり回して否定したいようだけど,結局のところ「アベが嫌い」でしかないのはよく分かった.

シアン

シアン

つまりろくでなしか。

hinode

hinode

安倍の国葬を批判する女性自身、アサ芸、プレオンが皇位の女系継承推しなのは偶然なのか?