信じられないです。

カラパイアの元の記事はこちらからご覧ください

 地球にやさしいはずの風力発電だが、巨大なブレード(羽)に鳥類が衝突してしまうという難点があったが、他にも問題がある。ブレードのほとんどが埋立て処分するしかないのだ。

 そこで米国の研究グループが、地球にやさしくて、しかも甘い解決策を考案してくれた。

 彼らが開発した植物由来ポリマーなどを使ったブレード新素材は、使用後は美味しいグミキャンディリサイクルできるのだそうだ。

 新しいブレードとして再利用できるほか、家庭用の台所カウンターや車のテールライト、さらにはおむつまで、さまざまな製品にリサイクルできる。

 この研究は8月に開催されたアメリカ化学会(American Chemical Society)の学会で発表された。

【画像】 環境にやさしいはずの風力発電の欠点

 グラスファイバー(ガラス繊維)製の風力タービンのブレード(羽)は、サッカー場の半分ほどの長さになることもある。そんな大きなものが、ほとんどの場合は使い終われば埋立て処分されてしまう。

 しかも、ブレードの廃棄はいっそう厄介なものになると予測される。

 なぜなら、ブレードが大きいほど発電効率が上がるため、今後ますます大型化するだろうからだ。また発電効率を上げるために、耐用年数がすぎる前に大型ブレードに交換されることもある。

[もっと知りたい!→]風力発電の羽根(ブレード)を黒く塗るだけで鳥の衝突死が70%減少(ノルウェー研究)

windmill-50512_640
photo by Pixabay

植物由来ポリマーを組み合わせて作った新素材

 そこで米ミシガン州立大学のジョン・ドーガン氏らは、グラスファイバーに「植物由来ポリマー」と「合成ポリマー」を組み合わせて、新しいブレード用の素材を開発した。

 この熱可塑性樹脂で作られたパネルは、ブレード自動車に使えるだけの強度と耐久性がある。

 また溶かしてグラスファイバーを取り除いてしまえば、新たにリサイクルすることもできる。リサイクルで生まれ変わった素材は、物理性能がまったく同じなので、再び風力タービンのブレードに生まれ変わらせてもいい。

ralph-ravi-kayden-hckbn8kl4Lk-unsplash

・合わせて読みたい→鳥が近づくと風力発電のタービンが止まる。スマートカメラが鳥の衝突事故を大幅に減らす

photo by Unsplash

お菓子のグミから、台所天板まで幅広い応用が可能

 この熱可塑性樹脂の最大の特徴は用途の豊富さかもしれない。

 たとえば、鉱物を混ぜれば人工石になり、家庭の台所用カウンター天板や流しなどに使える。

 粉砕してほかのプラスチックを混ぜれば、射出成型(プラスチック製品の7、8割がこれで作られる)することもできる。

 さらにリサイクルすると、より価値の高い素材にアップグレードしてしまう。アルカリ溶液で分解すると、「ポリメタクリル酸メチル樹脂(PMMA)」ができるのだ。これはアクリル製の窓や車のテールライトなどに使われる素材だ。

 また分解時の温度を上げてやれば、おむつなどに使われる「吸収性ポリマー」が出来上がる。

 さらにキャンディスポーツドリンクに使われる「乳酸カリウム」を作ることまでできる。実際、ドーガン氏はこの新素材からきちんと食べられるグミを作ったそうだ。

giant-gummy-bear-1089612_640
photo by Pixabay

今後の課題は、材料の確保と心理的な抵抗感?

 今回、この新素材が風力タービンに使える性能であることが証明された。今後は、実際にこの素材から実験用のブレードが作られることになるはずだ。

 今のところの問題は、普及させるには原材料となる植物由来ポリマーが不足している点だけであるという。

 いや、きっともう1つ問題があるだろう。どんなに甘くても、元風力タービンのグミはちょっとと思う人も多いだろうからだ。

gummy-bear-1506175_640
photo by Pixabay

 だが、ドーガン氏が言うには、「トウモロコシであれ草であれ、植物由来の炭素原子は、化石燃料由来の炭素原子と何ら変わりありません」とのこと。

 今回彼らが実証したのは、畑のバイオマスから丈夫なプラスチックを作り、それを食品に戻せるということだ。

 そんな壮大な炭素循環を意識できるグミならば、よりいっそう美味しく感じられるかもしれない。

References:Wind turbine blades could someday be recycled into sweet treats - American Chemical Society / Wind turbine blades could someday be recycled into sweet treats / written by hiroching / edited by / parumo

 
画像・動画、SNSが見られない場合はこちら

未来の風力発電は、使用後に甘いお菓子に生まれ変わるかも


(出典 news.nicovideo.jp)