中国が突っ込んだ。

中国版ツイッターの微博(ウェイボー)でこのほど、「日本人の年間平均給与は433万円」とする投稿が注目されている。

投稿したのは、香港フェニックステレビの李●(リー・ミャオ、●は水が3つ)駐東京首席記者。国税庁の2020(令和2)年分の民間給与実態統計調査によるもので、433万円は約21万人民元に相当するとし、年齢階層別にみると、男性では60歳未満までは年齢が高くなるにしたがい平均給与も高くなり、女性では年齢による較差はあまり顕著ではないこと、給与階級別分布では、「300万円超400万円以下」の者が構成比17.4%で最も多く、次いで「200万円超300万円以下」の者が同15.5%で、「200万円以下」の者が約22%であることを紹介した。

この投稿について、中国のネットユーザーからは「そんなに少ないの?」「先進国最低レベル!」「なぜ日本では(男性の場合)年齢が高くなるにしたがい平均給与も高くなるの?」「年功序列制でしょ」「卒業してから5年以内の収入の平均値に関する統計はありますか?」「日本国内では(中村淳彦氏の)『東京貧困女子。彼女たちはなぜ躓いたのか』についてどう議論されていますか。読後は憂鬱な気持ちになってしまいました」「日本には1980年代のように最先端の技術の道を進んでほしい。現在のように戦争への道を再び歩むのではなく」などの感想や質問が上がった。

中国国家統計局によると、2021年の全国都市部の非民間企業・事業団体などの従業員の平均賃金は前年比9.7%増の10万6837元(約215万円)、都市部の民間企業・団体の従業員の平均賃金は同8.9%増の6万2884元(約127万円)。(翻訳・編集/柳川)

中国版ツイッターのウェイボーでこのほど、「日本人の年間平均給与は433万円」とする投稿が注目されている。


(出典 news.nicovideo.jp)

ASFASFASFA

ASFASFASFA

中国って最近上がっただけだから年配者の給料が低いのは当たり前では?

ゲスト

ゲスト

おまエラのせいでな!

UE

UE

無能や芸無しや若者でも低賃金で雇って平均給与と失業率を下げる国の方が良いのか?そいつらに割り食わせても平均給与と失業率上げる国の方が良いのか?難しい問題だな。

tare

tare

教員の給料減額、公務員の給料半額。新卒の給料は、反対に納めるべきだ!と言っている国が、何か言っているゾ。

みーの

みーの

社会保障とか、公共サービス、インフラ整備とか、そのへんのコストの違いですよね。安全や健康は勝手にやってくるものではありません。