協力者が多いと思うので、難しいかもしれない。

 タレントのフィフィが5月19日ツイッターで、ハニートラップについて持論を述べた。

 フィフィは「もうすぐ選挙ですね。ハニトラにかかる様な人間は政治家に向かないです。しかしそれを見極めて選ぶのは難しいですよね。そのためにスパイ防止法が必要なんですが…不思議ですね」と疑問を呈した。続けて、「議員や候補者の口から、『スパイ防止法を作るべき!』という言葉がほとんど聞かれない」と憂慮。「(ハニートラップに)引っかかる気満々じゃないですか」と皮肉コメントを寄せた。

 >>フィフィ「政治家は自覚して発言すべき」鈴木宗男氏の“ウクライナの責任”発言をバッサリ<<

 ハニートラップは、機密情報漏洩の危険が多分にある。それを防ぐにはスパイ防止法の制定しかないとフィフィはかねてより訴えている。しかし、その議論が一向に巻き起こらない現状に、フィフィは議員たちがハニートラップに「引っかかる気満々」と指摘した形だ。

 これには、ネット上で「本当に不思議ですよね」といった共感の声のほか、「既に殆どが引っかかった人達ばかりなのでは」といった理由を推察する声や、「日本人からももっと『スパイ防止法はよ!!』っていう声が上がらないといけないのに、話題に全然上がらないのが悲しい……」と国民の意識に問題があるのではと指摘する声などが聞かれた。

 フィフィは同日の別ツイートでは「日本はスパイ天国」だとし、「こうした肝心なところにメスを入れようともせずあえて野放しなのは、みんな利権でウマい思いをしてるから」とも裏事情を暴露している。これには、ネット上で「そうなんだなぁ…情けないわい」「国会議員は自分のことし考えてないのか」「腐敗した政治家たち彼らが日本を滅ぼす」といった憂慮の声が多く聞かれた。

記事内の引用について
フィフィのツイッターより https://twitter.com/FIFI_Egypt

フィフィ


(出典 news.nicovideo.jp)

にゅうにゅう

にゅうにゅう

日本の政治家はいつも中韓のハニトラにかかってるよなw