令和の社会・ニュース通信所

社会の出来事やニュースなどをブログに書いて発信していきます。あと、海外のニュースなども書いていきます。

    失効したあとも不買運動は続くでしょう。GSOMIAに関する記事

    <a href="http://aborn.matometa-antenna.com/201911211227.13434770.html" target="_blank">【世論調査】日韓のGSOMIA、日本が対応を変えてでも 「延長されるべき」14.4% 「破棄はやむを得ない」68.3%-FNN</a>

    <a href="http://sutx.matometa-antenna.com/201911211250.13346514.html" target="_blank">【軍事情報協定】 韓国大統領府の高位関係者 「日本の輸出規制撤回などの措置がなければ予定通り協定を終了する方針だ」</a>

    http://matome.warotamaker2.com/feed/301255837/

    http://matome100.warotamaker2.com/feed/301641623/


    (出典 kaigai-otaku.jp)


    NO.7966801 2019/11/21 11:19
    GSOMIA失効目前 韓国の巷に再びあふれる「ノー・ジャパン」
    GSOMIA失効目前 韓国の巷に再びあふれる「ノー・ジャパン」
     11月17日、バンコクで開かれた日韓防衛相会談は平行線に終わり、日本、米国、韓国の安全保障に関わる「日韓GSOMIA(軍事情報包括保護協定)」の失効が現実味を帯びてきた。

    韓国政府が「破棄」を撤回しない限り、23日午前0時で同協定は失効する。

    ソウル在住のジャーナリスト、藤原修平氏が失効目前の韓国からリポートする。

    最近の韓国ではあまり見なくなったフレーズが、ふと目に飛び込んで来た。

    「BOYCOTT JAPAN “行きません”“買いません”」−−そう、それは今年の夏以降、韓国国内を席巻した「ノー・ジャパン運動」を呼びかける横断幕だった。

     11月初旬、韓国南西部に位置する務安(ムアン)郡のとある集落を通りがかった時のことだ。

     同種のポスターや旗、横断幕は、ソウル近郊から姿を消してずいぶんと時が過ぎている。

    きっかけとなったのは、8月6日、ソウル市鍾路(チョンノ)区が「NO BOYCOTT JAPAN」と大書された旗を大通りにずらりと設置したことだった。

    これに市民から、「韓国に来てくれた日本人観光客までを不快にするもの」や、「今後の政府による国際世論戦に悪影響を与える」といった苦情が殺到し、設置後数時間にして..



    【日時】2019年11月20日
    【ソース】zakzak
    【関連掲示板】


    【GSOMIA失効目前 韓国の巷に再びあふれる「ノー・ジャパン」】の続きを読む



    (出典 www.sankei.com)


    巨額の融資大丈夫かな?

    1 みつを ★ :2019/11/20(水) 23:49:17.92

    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO52422070Q9A121C1MM8000/


    ソフトバンクGに約3000億円 みずほ銀など融資へ協議
    2019年11月20日 23:40 [有料会員限定]



    みずほ銀行などメガバンクがソフトバンクグループと3000億円規模の融資について協議していることが分かった。ソフトバンクGはシェアオフィス「ウィーワーク」を運営する米ウィーカンパニーの経営再建に向け63億ドル(約6800億円)の新たな資金需要が発生する可能性がある。投資拡大に向け、安定した財務基盤の維持を重要課題に掲げている。

    ソフトバンクGはウィーの支援を巡
    (リンク先に続きあり、要会員登録)


    【【ソフトバンクGに約3000億円】みずほ銀など融資へ協議】の続きを読む



    (出典 rpr.c.yimg.jp)


    北朝鮮はこのことに危機を感じているのかな?

    <a href="http://aborn.matometa-antenna.com/201911211027.13304887.html" target="_blank">北朝鮮最大の肥料工場で生産中断。危ぶまれる来年の食糧確保</a>

    <a href="http://sutx.matometa-antenna.com/201911211110.13214762.html" target="_blank">【北朝鮮・外務省】安倍首相を「白痴」呼ばわり…「平壌の敷居をまたぐ夢さえ見てはならない」と兵器実験批判に反発</a>

    http://matome.warotamaker2.com/feed/300452112/

    北朝鮮国営の朝鮮中央通信は19日、日本の航空自衛隊の訓練に対して「変わらない対朝鮮敵視政策の明確な発露であり、わが朝鮮に対する許せない挑発である」と非難する論評を配信した。

    航空自衛隊は6日、愛知県日進市で地対空誘導弾パトリオット(PAC3)の機動展開訓練を実施し、その様子を報道陣に公開した。

    これに対して論評は、「今のように鋭敏な時期に高まる日本の対朝鮮敵対熱気は朝鮮半島と地域の情勢を破局へ追い込んで対決時代で引き続き『反射利益』を得ようとする安倍一味の腹黒い下心を明々白々と示している」と述べた。

    そのうえで、「敵対と対決で得るのは、破滅と災難だけである。日本がわが朝鮮にあくまでも挑戦しようとするほど、孤独な島国に到来する第2の敗北の日はそれだけ早められるであろう」と警告した。


    金正恩(キム・ジョンウン)氏


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【「第二の敗北が早まるだけ」北朝鮮、自衛隊訓練を非難】の続きを読む


    軍事情報包括保護協定 (GSOMIAからのリダイレクト)
    General Security of Military Information Agreement, GSOMIA、ジーソミア)とは、同盟など親しい関係にある2国あるいは複数国間で秘密軍事情報を提供し合う際、第三国への漏洩を防ぐために結ぶ協定。2019年8月
    5キロバイト (669 語) - 2019年8月27日 (火) 09:20



    (出典 www3.nhk.or.jp)


    そう簡単にはいかないような気がします。

    <a href="http://sutx.matometa-antenna.com/201911201310.13157862.html" target="_blank">文在寅、「日韓関係修復」への“意欲”と“危険”…チョ・グク妻逮捕で流れは変わった</a>

    <a href="http://aborn.matometa-antenna.com/201911201227.13286405.html" target="_blank">ついに日本に歩み寄ってきた文在寅政権の本音</a>

    http://matome.warotamaker2.com/feed/300137540/

    1 靄々 ★ :2019/11/20(水) 00:37:43.76

    ※統一まで160日

    GSOMIA失効回避へ努力 韓国大統領、生放送に出演

     【ソウル時事】韓国の文在寅大統領は19日夜、MBCテレビに出演し、23日午前0時(日本時間同)に期限が迫る日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の失効回避に向け「最後の瞬間まで日本と共に努力する」と強調した。生放送で質問に答えた。

     ただ、韓国向け輸出管理強化措置で日本側の対応が失効回避に必要と従来の立場も繰り返した。また、失効しても「日本と安全保障上の協力はしていく」と語った。
     韓国政府が8月に協定破棄を決めた理由について、日本側が「原因を提供した」と主張。日本政府が安全保障上の懸念を理由に輸出管理強化措置を講じたことに対し「安保上、韓国を信頼できないと言いながら、軍事情報を共有しようというのは矛盾した態度ではないか」と批判した。

    19日夜、MBCテレビの番組に出演し、国民の質問に答える韓国の文在寅大統領(左)(韓国大統領府提供)

    (出典 www.jiji.com)


    https://www.jiji.com/jc/article?k=2019111901248&g=int
    2019年11月19日23時23分


    【【GSOMIA】失効回避へ努力 韓国大統領、生放送に出演 「最後の瞬間まで日本と共に努力する」】の続きを読む



    (出典 img.benesse-cms.jp)


    外に出せないのは猫にとってかわいそうかもしれませんが被害を考えると外には出せないですね。

    1 シャチ ★ :2019/11/20(水) 10:07:24.04

     鹿児島県・徳之島で、人から餌をもらっている野良猫や放し飼いの猫などが、国の特別天然記念物アマミノクロウサギなどの希少種を捕食している実態が、森林研究・整備機構森林総合研究所と京都大などの研究で分かった。

     研究チームは「餌やりによって猫が増え、自然環境に影響を与えるということを知ってほしい」と訴えている。

     徳之島にはアマミノクロウサギなどの希少種が生息しているが、森林と人の生活圏が近く、猫による捕食が問題になっていた。

     森林総研の亘悠哉主任研究員らは2014年12月~18年1月、森林域で捕獲した猫から、ふんと体毛を採取。174匹分のふんの内容物を分析したところ、約2割が捕獲前の数日間に、アマミノクロウサギや天然記念物のケナガネズミ、トクノシマトゲネズミなど計6種の希少種を捕食していたことが分かった。

     一方、体毛の分析からは、捕獲までの数カ月間にほとんどの猫がキャットフードを食べていたことが判明。猫が人家周辺と森林を行き来し、希少種を捕食している実態が分かった。

     亘さんは「島の生物は警戒心が低く、簡単に食べられてしまうため影響は大きい。飼うのであれば、しっかり室内で飼うのが望ましい」と話している。

     論文は20日までに、英科学誌サイエンティフィック・リポーツに掲載された。 



    11/20(水) 9:43配信時事通信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191120-00000036-jij-soci
    画像
    鹿児島県・徳之島に生息する天然記念物ケナガネズミを捕食する猫(森林総合研究所提供)

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【鹿児島】「ネコは室内で飼ってほしい」 放し飼いの猫が希少な特別天然記念物を捕食 森林総研が研究発表 徳之島】の続きを読む

    このページのトップヘ