令和の社会・ニュース通信所

社会の出来事やニュースなどをブログに書いて発信していきます。あと、海外のニュースなども書いていきます。



    そうなるのか。

    NO.10149279 2022/01/25 17:25
    日本人の寝室「ダニの楽園」になっている衝撃実態
    日本人の寝室「ダニの楽園」になっている衝撃実態
    家の中でもダニがもっとも多いのは、寝室の寝具類です。なぜならダニのエサとなる人間の皮脂やフケ、毛髪などが豊富にあるから。寝具をしまう押し入れでもダニは大量に繁殖している。まさに「ダニの楽園」ともいえる寝室において、アレルギーの原因やきっかけとなるダニをいかに減らして、アレルギー疾患を改善していくか。ダニ研究50年の郄岡正敏氏が著した『お父さん、お母さんが知っておきたい ダニとアレルギーの話』から、前回記事「布団の天日干しで『ダニが死滅』という大きな誤解」に続き、寝室でのダニ対策を紹介します。

    ■寝具の中にはどれくらいダニがいる?

    家の中でダニがいちばん多くいるのは、ふとんやマットレス、枕などの寝具です。寝具にはダニのエサとなる皮脂やフケ、毛髪などがふんだんにあります。適度な湿気と温度も保たれ、中にもぐりこんでしまえば、掃除機などで吸引されることもありません。ダニにとっては天国のような場所です。

    さらにやっかいなのは、寝具の中でダニの死骸やフンなどアレルゲンが年々蓄積していくことです。私たちはこの中で1日7~8時間は睡眠し、アレルゲンを吸い込んでいるわけです。

    ひとたび寝返りを打とうものなら、細かなアレルゲンが舞い上がり、さらに多量に吸い込んでしまいます。人は夜中に何度も寝返りをくり返します。とくにお子さんは寝ている間も動きが活発ですから、そのたびにアレルゲンを吸い込みます。ひと晩中、アレルゲンを吸い続けて、明け方にぜんそくの発作が起きたり、寝ている間にアトピーがひどくなったりするのもうなずけますね。

    寝具の中にはど..

    【日時】2022年01月25日 17:00
    【ソース】東洋経済オンライン
    【関連掲示板】

    【日本人の寝室「ダニの楽園」になっている衝撃実態】の続きを読む



    中国に対して、何もできない韓国

    NO.10142141 2022/01/23 18:07
    「小国が身の程を知らずに…」 傍若無人の中国に抗議もできない韓国
    「小国が身の程を知らずに…」 傍若無人の中国に抗議もできない韓国
    昨年6月10日、韓国外交部(省に相当。以下同じ)は大騒ぎになった。中国外交部が、韓中外相電話会談のニュースを伝えるとともに、非公開にすると双方が合意していたデリケートな内容を一方的に発表したのだ。中国側の発表によると、中国の王毅外相は米国の中国けん制構想であるアジア・太平洋戦略を猛烈に非難し、韓国の鄭義溶(チョン・ウィヨン)外相に向けて「(米国の)偏ったリズム(変節奏)に巻き込まれてはならない」「良しあし(是非曲直)を把握して正しい立場を堅持すべき」と言うなど、訓戒のような発言を浴びせた。

     対等な主権国家の間でやりとりしたものとは信じ難い対話だった。しかも、相手が困った立場になる内容を公開して不意を打つのは、外交的にはタブーに属する非紳士的な行為だ。ところが韓国側が中国に抗議したという話は聞かない。外交関係者の間からは「韓中関係30年の現在地を示す端的な場面」という声が上がった。

     中国を相手にしたことのある元職・現職外交官の相当数は「中国の非外交的振る舞いに当惑したことは多い」と語る。中国の外交司令塔である楊潔チ・中国共産党政治局委員が2018年と2020年に訪韓した際、「ソウルで会おう」という韓国側の提案を一蹴して当時の青瓦台(韓国大統領府)国家安保室長(18年は鄭義溶、20年は徐薫〈ソ・フン〉)を釜山に呼び出したのが代表的な例だ。中国の無礼は党派を問わなかった。李明博(イ・ミョンバク)政権時代(10年11月)、「韓国へ行くのでソウル空港を空けてほしい」という一方的な通知とともに中国を出発した戴秉国・国務委員(外交担当)が、到着と同..

    【日時】2022年01月23日 12:12
    【ソース】朝鮮日報
    【関連掲示板】

    【「小国が身の程を知らずに…」 傍若無人の中国に抗議もできない韓国】の続きを読む



    (出典 kumanichi.com)


    拡大が止まらない。

    1 マスク着用のお願い ★ :2022/01/26(水) 17:06:01.22

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220126/k10013451181000.html
    東京都 新型コロナ 1万4086人感染確認 2日連続で過去最多に

    東京都は26日、過去最多の1万4086人が新型コロナウイルスに感染していることを新たに確認したと発表しました。

    25日より1200人以上多くなり、2日連続で過去最多となりました。

    また水曜日としては、これまでで最も多かった、1週間前の今月19日より6700人余り多く、およそ1.9倍の増加です。

    一方、都の基準で集計した26日時点の重症の患者は25日より4人増えて18人でした。

    2022年1月26日 16時48分
    NHK


    【【東京都】1万4086人感染確認 2日連続で過去最多に 1月26日】の続きを読む



    海外の王国を見ると違いがある

    NO.10139412 2022/01/22 10:09
    愛子さまと同世代のオランダ王女の“自由格差”「眞子さん結婚で見えた皇室の弊害」と専門家
    愛子さまと同世代のオランダ王女の“自由格差”「眞子さん結婚で見えた皇室の弊害」と専門家
     2006年、雅子さまはオランダのベアトリクス女王(当時)から招待され、現地で約2週間、静養された。当時4歳だった愛子さまと2歳の長女カタリーナ・アマリア王女が、同じ水色のワンピース姿で手をつなぎ、オランダ王室の離宮へット・アウデ・ロー城の馬車庫を歩く可愛らしい映像を覚えている方もいるのでは。

    そのカタリーナ・アマリア王女が王室公認の自伝「AMALIA」を発表し、「女王になる準備ができていない」など赤裸々に告白した。10代のリアルを語ってしまう自由奔放に見える海外のプリンセスと真逆な印象の愛子さま、佳子さまなどの日本のプリンセス――ヨーロッパの王室に詳しい関東学院大の君塚直隆教授(英国政治外交史)に話を聞いた。

    *  *  *

     オランダのウィレム・アレキサンダー国王には3人の子どもがおり、カタリーナ・アマリア王女は長女。オランダは男女問わず長子が王座に就くことになるため王位継承は順当にいけば彼女だが、自伝では「まだ準備ができていない」と告白した。その告白は自由奔放にもとれるが、君塚教授は「そうではない」と言う。

    【日時】2022年01月22日 09:00
    【ソース】AERA
    【関連掲示板】

    【愛子さまと同世代のオランダ王女の“自由格差”「眞子さん結婚で見えた皇室の弊害」と専門家】の続きを読む



    韓国の経済はどうなるのかな?

    NO.10149005 2022/01/25 14:29
    韓国の求職放棄者63万人…2014年以降で最多 6カ月以上の長期失業者も13万人
    韓国の求職放棄者63万人…2014年以降で最多 6カ月以上の長期失業者も13万人
    9級公務員試験の受験に備えているキムさん(29)は「勉強が嫌になるたびに、5年間勤めていた前の職場、中小企業のことを思い浮かべる」「『公務員試験に落ちたら、またつらくて給料が少ない仕事に戻らなければならない』と考えると気が引き締まる」と語った。

    公試族(公務員試験受験に備える人々)の増加や、中小企業への就職を避ける現象などにより、失業関連統計に出てこない「隠れた失業者」が増えている。就職の意思はあるが、求職を放棄した「求職断念者」と、働く能力があるが仕事をしていない「休んでいる」人口が昨年、関連統計の集計以降で最も多かったことが分かった。

    韓国統計庁が24日に明らかにしたところによると、昨年の非経済活動人口のうち、「求職断念者」は62万8000人で、関連統計が改編された2014年以降で最多だったとのことだ。2019年は53万3000人、2020年は60万5000人で、着実に増加傾向にある。非経済活動人口のうち、「休んでいる」人口も昨年は239万8000人で、関連統計を集計し始めた2003年以降で最多だった。

    「求職断念者」とは、満15歳を超える人のうち、1年以内の求職経験があるが、最近4週間で一時的に求職を放棄して失業者集計から除外された人々のことだ。「休んでいる」人口とは、就職準備や家事・子育てなどをせず、特に理由なく、ただ休んでいる人を意味する。彼らは事実上の失業状態にあるが、非経済活動人口に分類されており、失業統計には出てこない。このため、「求職断念者」と「休んでいる」人口が増えるほど、失業率が改善されているかのように見える統計上の錯覚が起こることがある。

    【日時】2022年01月25日 12:03
    【ソース】朝鮮日報
    【関連掲示板】

    【韓国の求職放棄者63万人…2014年以降で最多 6カ月以上の長期失業者も13万人】の続きを読む

    このページのトップヘ