令和の社会・ニュース通信所

社会の出来事やニュースなどをブログに書いて発信していきます。あと、海外のニュースなども書いていきます。


    どうなるのかな?

    1 ボラえもん ★ :2022/08/13(土) 12:32:47.92ID:1SKczDlC9
    第2次岸田文雄改造内閣の発足と自民党役員人事を受け、報道各社の世論調査が出てきた。
    従来であれば改造直後の内閣支持率は上昇するケースが多いが、読売新聞と日経新聞の調査では、前回調査から下落していた。ともに前々回から続落している。
    岸田首相は参院選勝利の勢いで内閣改造・党役員人事に踏み切ったが、「失敗・不発」だった可能性がある。

    (中略)

    ただ、読売と日経、共同通信の世論調査(10~11日実施)の内閣支持率=別表=を見る限り、世論の評価は厳しいようだ。
    日経では、新しい閣僚と党執行部の顔ぶれを「評価する」が30%で、「評価しない」は44%だった。

    政治評論家の小林吉弥氏は「政治姿勢では、党内派閥に配慮した布陣で何をやりたいのか見えてこない。
    政策方針では、新型コロナや物価高への対応に信念が見えず、指導力不足を感じる」と厳しく指摘した。

    世界平和統一家庭連合(旧統一教会)と、自民党議員の関係も論点の1つだ。
    共同では、旧統一教会と自民党議員との関わりについて、党や党所属議員の「説明が不足している」との回答が89・5%に上った。

    前出の小林氏は「旧統一教会をめぐる自民党への批判が、岸田政権を直撃している。
    秋の臨時国会は、新型コロナや物価高の対策・対応に加え、旧統一教会との関係にも説明が求められる正念場だ。
    乗り切れなければ来年早々の解散に追い込まれかねない」と語った。
    https://news.yahoo.co.jp/articles/700564d23b296aeb8f0f2fceae34b7fe5828e806

    【【内閣】岸田内閣、改造失敗か 報道各社の世論調査で支持率下落相次ぐ 識者「早々の解散に追い込まれる可能性」】の続きを読む



    (出典 hiratsuka.goguynet.jp)


    100店閉店する。

    1 七波羅探題 ★ :2022/08/12(金) 19:58:15.86ID:B5zCIPKM9
    時事
    2022年08月12日19時40分
    https://www.jiji.com/sp/article?k=2022081200910

    すかいらーくホールディングス(HD)は12日、ファミリーレストラン「ガスト」や「ステーキガスト」などのうち、採算が悪化した約100店舗を閉店すると発表した。コロナ禍に伴う客数の減少や、物価高による収益悪化が理由。閉店時期は来年初めごろが中心となる見通し。同社は2020~21年にも200店規模を閉店した。今年6月末時点の店舗数は国内外で3088店。

    【【飲食】「ガスト」など100店閉店 収益が悪化―すかいらーくHD】の続きを読む



    (出典 kumanichi.com)


    情報を漏らしたのかな?

    1 BFU ★ :2022/08/13(土) 07:15:03.91ID:2xv7/Ctv9
    速報、タイトルのみ
    https://twitter.com/jijicom/status/1558207958995337216?t=ZepQUhKE8wFRtLLfIJy3Ww&s=19

    (関連ソース)
    「最高機密」含む文書押収 米FBI、トランプ氏宅捜索で

    米連邦捜査局(FBI)によるトランプ前大統領の邸宅「マールアラーゴ」への家宅捜索に関し、フロリダ州連邦裁判所は12日、捜査令状や押収品リストを開示した。それによると、押収品に「最高機密」や「機密」に指定された文書が含まれていた。複数の米メディアが報じた。

    https://www.jiji.com/sp/article?k=2022081300145&g=int
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

    【【最高機密押収】捜査令状によると、トランプ氏の家宅捜索容疑に「スパイ防止法」違反が含まれていた…】の続きを読む



    (出典 solar-sharing.org)


    スイスを敵として見ているのかな?

    1 凜 ★ :2022/08/12(金) 11:16:57.06ID:ykaWZgVp9

    ■ロイター通信(2022年8月12日 9:18 午前)

    [モスクワ 11日 ロイター] - ロシア外務省のネチャエフ報道官は11日、同国でスイスがウクライナの利益代表を務めるという申し入れがあったが、断ったと明らかにした。スイスは西側諸国の「違法な」対ロシア制裁に参加しているため、もはや中立国と見なしていないとした。

    ※全文は元記事でお願いします
    https://jp.reuters.com/article/jp_ukraine/idJPKBN2PI00B

    【【国際】ロシア、スイスを中立と見なさず 「西側国の違法な制裁に参加」】の続きを読む



    政権交代しかない

    米ドル高と原材料価格の上昇が、商売でなんとか生計を維持している北朝鮮庶民の暮らしを直撃している。

    両江道(リャンガンド)のデイリーNK内部情報筋によると、恵山(ヘサン)では、先月中旬ごろから、店を畳む露天商が増えている。ドル高のせいで、商品の卸値が上昇している。

    例えば、1ドル(約135円)が7000北朝鮮ウォン(約140円)から8000北朝鮮ウォン(約160円)になれば、卸売業者の販売価格は14.2%上昇する。だからといって、小売価格を上げてしまえば、商品が売れなくなってしまうため、値段を上げられず、売れば売るほど赤字が出る状況となってしまった。

    「少額でもドルを持っていなければならないと骨身に染みてわかった。ドル高になれば、卸売業者は北朝鮮ウォンではなくドルでの支払いを要求するが、ドルがなく北朝鮮ウォンで買おうとすると、その分損をする。自国通貨に対する信頼が消えている」(コメ販売商人)

    加工食品の値段も上がっている。人造肉(ソイミート)1キロの価格は3700北朝鮮ウォン(約74円)から5300北朝鮮ウォン(約106円)に上昇した。

    人造肉飯(ソイミートにご飯を挟んだいなり寿司風のもの)を5年以上売ってきたという商人は、1キロ作って丸一日売っても3分の1も売れない日が続き、種銭が底をついたため、商売を畳むしかなくなったと嘆いた。

    「人造肉飯の人気は安くて美味しくて腹いっぱい食べられるから。だからお客のほとんどは生活の苦しい人だったが、量も減り値段も上がったので売れなくなった」(商人)

    市内の恵花洞(ヘファドン)に住んでいたある商人は、「この世とおさらばする」と言って、家を売り払い、家族とともに山に入り、テント暮らしをしているという。畑を耕し、木の実キノコ採りなどをすれば、なんとか暮らしていけるのだ。

    情報筋は、最近になって、家を売り払い山に入る人が増えているとして、それほど生活が苦しいのに、政府は人民の暮らしには目も向けず、体制の宣伝にばかり熱心だと、政府の態度を批判した。

    平壌市民の日常(2018年9月19日、平壌写真共同取材団)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【国際】生活苦に喘ぐ北朝鮮の人々が取った選択は「この世とおさらば」】の続きを読む

    このページのトップヘ